2019年5月16日木曜日

カワサキNinja400、ホンダCB400SB(SF) ワインディング比較

今日の夜はYouTubeの動画を作ったよ笑

【カワサキNinja400、ホンダCB400SB(SF) ワインディング比較↓】
https://youtu.be/obOLRpCkaPg

【ホンダCB400SB 7時間試乗ウォークアラウンド↓】
https://youtu.be/Sv-3wcoSAT0

ちょうど1年前に乗った最新型のカワサキNinja400と
https://blueskyfuji.blogspot.com/2018/06/ninja40017.html

先週乗ったホンダCB400スーパーボルドール
https://blueskyfuji.blogspot.com/2019/05/cb400sb7.html
性格の全く違うこの2台笑

意外や、高速の伸びやスーパースポーツに近い高回転エンジンは
CB400SBの方
4気筒の咆哮

見た目レーサーレプリカっぽいが
2気筒でマイルドなNinja400
その代わり下からビンビンに速い

タコの目盛りデザインが変わる約7,000rpmから
V-TEC REVOで2バルブから4バルブに切り替わる
2段加速エンジンがCB400SB

Ninja400は2気筒のため高回転は不利だが
トルクで加速する

Ninja400の時も富士山五合目雲海すごかったなあ

気兼ねなく2気筒トルクで下からモリモリ勾配を登る

それがNinja400

ワインディングで扱いが易しいのはNinja400です

CB400SBは昔の大型バイクを追い求めた堂々の車格、重量と

2ストの相手をしていた時のピーキーさを優先しており笑

五合目の急勾配の登りはVTEC4バルブ領域を外すと
モモモと立ち上がり加速しないことが分かった

 VTEC領域を外さないように高回転で走る

操る醍醐味があるのはCB400SB笑

時代は変わったよね

伝統のCB400の血統は大型バイクを目指し
大きく、重量級だけど
(車両重量206kg)

現代のNinja400は真逆で
大型バイクへのコンプレックスは無いから
なるべく軽量化、車体はNinja250と共用だし笑
(車両重量167kg)
CB400SBと約40kgの差があります

デザインも、生産国も、エンジンの気筒数も

この2台は異にしてます

価格もNinja400は716,000円

CB400SBは1,065,000円
約35万円の差があります

まあ価格は、このバイクが110万円なので笑、あまり気にすることはない
(武川181ccスーパーヘッドモンキー笑)

性格もこの2台は全然違うので

あまり競合しないかもしれませんね

ブランニューの新型Ninja400もいいけど

先週伝統的なCB400SBに乗って
昔を思い出しました

もしCB400SB、SFが生産中止になったら
ゼファー400のようにプレミアが付く可能性大

そうなったら100万円も高い買い物ではない
今や小さな高級車、日本の伝統的なヨンヒャク^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿