2012年12月1日土曜日

コーナーを駆け抜ける喜び

土曜朝は銀河アリーナスケートでショートトラック練習

だんだんコーナーで遠心力に耐える方法分かってきたぞ
しゃがんだら、足を前にじゃなくて
身体の真下に持ってくる
そのためにはフィギュア靴以上にかかとを前に曲げる
そして身体の真下で荷重をしっかりかける
そうすると氷にグッと食い付く
(車の荷重移動と同じか笑)

荷重をかけないとクロスステップして右足1本になった途端
食い付かず外側にドリフトしてしまう
まるで頭文字Dになった気分
この頭文字Dの映像すごいな・・自分で作ったんだ

あとは筋力あるのみ笑
極限まで寝かせて
気分はもうMr.ロッシなんですけど

スケート靴も勢揃いだ↓
ロングスピード
ハーフスピード
ホッケー
フィギュア
ショートトラック
こんなに靴の種類持ってるの、日本で何人?
(持ってりゃいいってもんじゃない!)

さて車バイク離れ
車バイクは維持費高いからね
走ったって1回ガソリン入れりゃ
スマートフォンの1ヶ月分の使用料位すぐかかるからね
だったらスマホの方がいいよねえ

税金も高い
税金を安くした方がいいんじゃないかって議論もある
確かに私、普通車買えないものね・・
5月の自動車税が恐くて

安くすれば車人気も活性化するかもしれないが
個人的にはそれよりも高くなる方を心配した方が
いいと思っている

今後人口減、車離れで車両減となっても
例えば道路は減らない訳で、維持費は変わらない
そうなったら維持するお金は少ない車両で
負担しなければならない・・1台あたりの税金単価が高くなる
という方向の心配ね

市場が冷えて製造する台数も少なくなれば
同じく1台あたりの購入単価は高くなる
もし車バイク離れがどんどん進んだら
作る台数もほんの一部の人向けのチョボチョボになって
えらい高価になったりして
趣味向けの車バイクがね

そうなったら、車バイクを趣味で乗り回すっていうのは
今で言う「乗馬」のような、超ブルジョアの世界に
なるのかもしれない

それを打破するべく
このカワサキの新しいNinja250がなんかかっけえー↓

まあ1980年代のレーサーレプリカブーム知ってる人間から見ると
たかだか2気筒31PSの遅いバイクですよ
いやでも十分スポーツしてるよ
今の時代で見れば

こんなコーナーを速く駆け抜ける映像
ほんとに昨今のコンプライアンスの観点で見れば
必要悪みたいになっちゃいますが
それでも製品化して出した
カワサキの意気込みに乾杯

これから久々中学時代の友人と土曜夜の茶だ
若い頃(20年前笑)は毎週土曜夜集まって
本牧、第三京浜走りに行ってたもんだけどね
(こらーっ)
今は茶だけで終わりです笑


0 件のコメント:

コメントを投稿