2013年12月1日日曜日

オンロードとオフロードは真逆の世界

土曜はいつもの場所でゴルフ
快晴
遠くに東京のスカイツリーが見えたり
新宿の高層ビル群が見えたり
景色が良い所です

先輩の奥さんはナイスショットの2オン成功で
なんと1パットのバーディを取りました!

私はスコア悪くても
元気にゴルフできるだけで幸せです

このタイヤすげえ

偏平率25とか書いてあるよ、そんなタイヤあるの!?

先輩んちの車、ベンツCLSブラバスです、後ろに私のジムニー笑
どうもタイヤ4本交換すると
軽くシグナスXが1台買える位するようです笑

帰りバイク用品店のナップス相模原店寄って

いっぱい買っちゃった・・
ZX-12Rの車体カバーや
シグナスXのウエイトローラー11.0g、ワコーズオイル
オイルパックンチョ、カラーアルマイトネジ

その後銀河アリーナスケートも寄ってみっちりフィギュア練習
先輩は夜、バトミントンの練習です
先日は全国大会で愛媛に行ってきたそうです

さてオンロードカーとオフロードカーの改造の違い
けっこう正反対で面白いよ

オンロードカーは車高を低くしますが

オフロードカーは逆に高くします
こんな所を走るから笑

オンロードカーは扁平率を薄くしますが
扁平率25%

オフロードカーは逆に扁平率を大きくします
扁平率85%
ジムニーノーマルの175/80-16に対し
リフトアップ車は185/85-16
これだけで車高が17mm高くなるのと
(見た目の大きさはかなり大きくなります)

タイヤの側面の厚みを増した方が
岩場等でホイールが傷付くのを防ぐことができます
ちなみにオフロードタイヤは
タイヤの側面も強化されてます

昔オンロードタイヤの知り合いのレパード改フルエアロで
宮ケ瀬の険しい林道にバーベキューしに行ったら
一発でタイヤ側面が石場で裂けました
サイドステップも吹っ飛んだ!

オンロードカーはフェンダーとタイヤの隙間が
狭ければ狭いほどかっこいいですが
究極系のツライチ!


オフロードカーは
フェンダーとタイヤの隙間が大きいほどかっこいいです笑

そしてこんなにサスをストロークさせるのが醍醐味

オンロードタイヤは
タイヤの溝を少なくして
接地面積を大きくした方が食い付きますが
ほとんどスリックタイヤのZX-12R

オフロードタイヤは溝を大きくして
ゴツゴツタイヤで悪路に食い付かせます

ちなみにタイヤのブロックは少なければ少ない方が
悪路では食い付きます

コンペティションタイヤの例(モトクロッサー)
http://response.jp/article/2013/11/29/211997.html
ようは少ない方が、女性のハイヒールのように食い込むってわけですね笑
ただし一般車での使用は禁止されてます
あまりにも土を掻き出す力が大きいので
山肌が削れてしまうのを防ぐためです

オフロード分野も、経験してみると面白いもんです

0 件のコメント:

コメントを投稿