2013年12月14日土曜日

シグナスX(台湾2012 SE465) KOSO Stage6 F1ミラー ほか装着

土曜の朝刊に入ってたマツダの広告を眺めていると
広告の下に・・
「AZ-1オフロード 2014年1月 生産終了いたします」
って、えーっジムニー生産終了ってこと!?
聞いたことないよ、スズキ方面からそんな話
思わぬところからリーク笑

それともマツダでの取扱い終了、の間違いかな
まあいいや、「軽SUVまもなく登場」ってことは
後継は来月出るスズキ・ハスラーだな、一旦

その後銀河アリーナスケートで汗を流し
家に帰って、時間通りゼロカスタムの通販の荷物が届いた
シグナスXのパーツ達
以前買ったブレーキレバーとともに、取り付けよう

洗車した後
まず右ブレーキレバー

おっとバネが付いてるぞ
ボヨヨ~ンとなくさないようにしないと

台湾KOSO(KN企画)のデュアルカラーレバー
アルミ削り出し、2トーンカラーの逸品です 

こんな感じかな、シグナスX専用なのでピッタリ

ノーマルとの比較、グリスを塗っておこう

こっちが左レバー、ちょっと短い

リヤブレーキワイヤーをよいしょと伸ばして付けて、完了

次にミラー
台湾KOSOのStage6 F1ミラー(ホワイトボディ、ブルーミラーを選択)

右ミラーはヤマハ用8mmの逆ネジが付属してるので、付け直す

ノーマルとの大きさの違いはこんな感じ
小振りでスポーティ 

イグニッションスイッチカバーは
日本のキジマ製と、台湾RPM製の両方買ってみたが
色が台湾RPM製の方が合いそうなので
今回をそっちを付けよう 

RPM製はイモネジ2本留め、キジマ製は1本留めのよう
すぐ付きました

キタコのノーズ・ガーニッシュ(ヘッドライト下)と
ポジションランプ・ガーニッシュも両面テープで貼り付けて、完了
都合、ワイズギアのメーターバイザーは外すはめに・・
ミラーが低過ぎて、回すとバイザーに当たってしまうため
入っていかない
まあとりあえずいいや

色がちょうど橙色で合ってるね

ノーマルとの比較
KOSOミラー

ノーマル
キタコ・ガーニッシュ

ノーマル
キタコ・ガーニッシュ

ノーマルのミラー幅:約78cm

KOSOミラー:約76cm、マイナス2cmですり抜けちょうどよし

RPMイグニッションカバー
キーの抜き差し、キーシャッター解除は問題ないが
横のキーシャッターレバーを押し込む時がやりづらくなった
レバーが裏側に完全に隠れるので
裏の下から指を滑り込ませないとセットできなくなった
まあ見た目かっこいいからいいか
ちなみにシグナスXの国内仕様と台湾仕様で
モノが違うようなので注意

ミラーはかなり軽量なので
ハンドリングは軽やかになるかも

しかし正直ミラー面積がかなり小さいので
だいぶ可視範囲狭くなった・・
大丈夫だろうか
ごめん今日ちょっと乗ってないけど
来週実際走行して試してみます

レバーのCNC削り出し精度、色付けは大したもんだね
前にも話した通り、品質はもはや国内製を超えてます
スクーター王国・台湾

ブルーミラー自体は暗くなってもかなり視認性が良いです
角度調整も可動部がしっかりしてるから
バカになったり、固くて動かないとかはなさそう
ただし車体への取付け部のネジはちょっとチープ系
しっかり留めないと走行中緩んできそう

ヘッドライトのノーズ・ガーニッシュは
現行シグナスX(台湾SE465)は
ヘッドライトの下がむき出しなので
ちょっと見た目こころもとないのがネックだけど
これで少ししっかり感が出ました
ポジションランプ・ガーニッシュはおまけかな笑
ついでに付けてみました

しかしこんなレアなパーツ作って用意してくれるんだから
道楽者には助かります

0 件のコメント:

コメントを投稿