2015年4月26日日曜日

カワサキ新型Ninja 250 SLは新旧ノスタルジックヒーロー、7時間試乗

4/25土曜は、4/15に発売されたカワサキ新型Ninja 250SL
レンタルバイクを7時間試乗しました
いつものようにブログでインプレを書きますね

今日はNinjaの親分(ニンジャH2)でなく
Ninjaの末弟(ニンジャ250SL)に試乗します笑
(東京モーターサイクルショー2015)

いつもの丸富オート・ハーレー藤沢店へ

これです、左型のライムグリーンのNinja250SL
右側は珍しいKTM 1190 RC8R 200万円です
負けずに存在を主張するNinja 250SL笑 

走行5kmの新車です!
(わナンバーだよ笑)

ハーレーのお店なのにいつもすまん!

またがった第一印象
・ハンドルが低い(ヤマハYZF-R25を試乗した時よりも)
・ハンドルの幅が狭い
・キャスターが立ってる(ハンドルがクルクル回る)

走り出すと、高回転型の単気筒です
3千回転以下は力が付いてきませんが
5~7千回転は非常に元気に走ります

ローカルネタだけど
用田の交差点回避の直線道路開通したんだ、へぇ
だいぶ渋滞なくなるね

メーターはシンプルです
マイル表示になってるけどkm表示のしかたが分からない笑
まあいいや

フルカウル車だけどすごくかわいいスクリーン

シグナスXのビキニカウルの方が大きいです笑

東名厚木ICからいつもの御殿場へ
62mph、だいたいこの位が100km/hかな?笑

100km/hで回転数はだいたい6,500rpmを指してるけど
まあほぼこの計算通りだね↓

Ninja250SLのエンジンはピークゾーン
(今回はそのバイクが最も気持ちよく走れる領域の意味)を
5,000~7,000rpmに持ってきてるみたいなので
100km/h巡航は気持ちよく走れるね
エンジン音は
YZF-R25の2気筒クオーン!サウンドに負けるけど
Ninja250SLの単気筒もトルクフルです

ただしハンドリングは少々リスキーです
正直に書くと
100km/hで片手運転しながらノペーっと走ってたら
道路の陥没ギャップでフロントがチャタリングを起こして
あやうくひっくり返るところでした・・
(チャタリング:ハンドルが左右に振られること。
 マン島のジャンプを越えた後に起きやすい

こんなスリリングなハンドリングはV-MAX以来だ笑
Ninjaの親分に乗る前に東名で散るところでした
(写真拝借)
バイク歴30年とか、慢心は禁物です
しっかり両手で安全運転しましょう

いつもの富士山に到着しました

スタイリングはかっこいい

ハンドルが低いのでサマになりますね

ハンドリング含め、ここまで尖ってるのは
1980年代のレーサーレプリカブーム以来か?笑

試しにちょっと速度乗ったところで
意図的にハンドルを左右に振ると
けーっこう恐い動きをします笑
(そんなことすな!)

もうちょっとフロントのキャスターを寝かせた方がいいな
このバイク
まあキャスター角24度らしいので
他のバイクと比べても普通なんだけど・・

リヤローダウンサスかリンケージがあったなら
リヤを下げて少しでもキャスター寝かせた方が良さそう
そうすれば直進安定性が高まります 

まあ少々手荒なハンドリングの方が
結果的に安全だったりするんだけどね
あまり無茶しなくなるから笑 

ブレーキは車体の軽さと相まってよく止まります

このアルミ製のマフラーヒートガードは
親分のNinja H2より質感がある!

親分はちょっとプラスチックっぽく見えるんだよね笑
(まあ色塗ったらしかたないか)

カウルのデザインもかっこいい
マクロレンズで撮ってます
(カメラおやじ笑) 

WPみたいなかっこいいサスが入ってるね

リヤブレーキも自然でいい感じ

ブレーキの球は普通の電球らしい
LEDとかお金をかけずに安くしてます 

ハンドルはかなり絞ってあるね
ゆえにハンドルは身体に近く
それほど疲れません 

エンジンはDトラッカーと同じエンジンかな
ベストセラー車だけあっていいエンジン

それを少し高回転型にしたセッティングなのでしょう
扱いやすいです 

タンク上のNinjaの文字がかっこいい

エンジンレスポンスはこんな感じです↓
【動画で撮った映像はこちら↓】
http://www.blueskyfuji.jp/_userdata/20150425Ninja250SL.wmv

どうしよう富士山五合目開通したけど・・
たぶん登ってもなんも見えない

でも行きましょう、走行テストです
思いのほかよく登るわ、このバイク
登りでも十分スポーツライディングできます
原付で来るとここすんげえキツいんだよね笑 

Ninja 250SLは新車なので
今回は7,000rpmまでしか回しませんでしたが
それでも十分五合目ライディング可能

ありゃ、五合目標高2400m地点は
今年は雪がほとんど無い

例年はこんな感じなのに!
(昨年の4月26日)

しかし温度差が激しい!
すぐ下りました
ワインディングはいい感じです、Ninja 250SL 

富士山太郎坊
ああ綾香さんの場所が工事されちゃった

ここから50mm F1.4単焦点レンズです笑

荒野に緑が映える

今風のカウルのデザインはかっこいいね

テールカウルも

ここから11-18mm広角レンズです笑

今日はちょっと曇りがちなので
あまりきれいに撮れません
(言い訳すな!)

タンクも2色でボテッとしないデザインになってます
押して歩くとこのバイク、軽さが分かります
まさにライトウエイトスポーツ

ハンドルを目一杯切ると
絞りハンのレーサーレプリカらしく
タンクはさまり系

Uターンの時アクセル開けられない系
Uターンしない方がいいな
(注:レンタルバイクはUターン禁止です)
まあ車体軽いから
失敗しても耐えられそう笑

今は免許制度も解放され
バイク好きは大型バイクへ移行しましたが

250ccのバイクでも十分楽しめますね

最近はホイールのスポークも細いよねえ
軽量化技術でしょうか 

金属やアルミの技術も進んでるんだろうね

カワサキ伝統のライムグリーン

最近色の商標ってできたけど
カワサキは取ったんでしょうか?笑

帰りの東名
いつもの鮎沢PA

おお~250ccでもサマになりますねえ

Ninja250SLはタイ・カワサキ製かな

ある意味今の時代、250ccも「逆輸入車」の時代です

アジアなど世界でも
250ccのスポーツバイクが売れることでしょう

生粋のスポーツバイクなのに
税抜き42万円で買えるのはすごいですね

シートは板のように固く笑、昔のレーサーレプリカのようです
でも長時間乗ってもお尻が痛くなることはないですよ 

さりげない現代のフルカウル

媚びないスリリングなハンドリングから笑
昔のレーサーレプリカを思い出したり
現代のスポーツバイクを感じたり
年配の方が乗っても楽しめるバイクでした
ハンドリングが緊張的な分、このバイクで慣れとけば
あとはどんなバイクでも楽勝で乗れそうです笑

トータル燃費はえーと127マイル走って笑
1.6倍の・・203km走って

6.92リッター入ったから
(ちなみにレギュラー車だって)
リッター29.3km走りました
250ccで標高2400m登った割には上出来笑
通常ツーリングはリッター30km以上いきそうだね

無事戻ってきました、よかった~
バイクに乗る時は、過信せずに
毎回初心に戻りましょう 

ハーレーのお店はかっこいいよね

普通の人は「いつかはクラウン」だけど
バイク乗りは「いつかはハーレー」なのです笑

あ、ビューエルだ、最近見なくなったよねえ
このバイクも尖ってるんだよねえ笑
隠れた名車です

その後シグナスX乗ると
やっぱりハンドリング穏やかだよね笑 普通のバイクは

強烈なハンドリングだったのは
この昭和に開発されたV-MAX1200(1985~2005)
高速で車体が波打ってるのが分かったからな笑

そんなバイクでも絶大な人気と支持を得て
20年間作られることとなりました

Ninja 250SLもそんな可能性を秘めてます
Ninja 250SLに乗ったらV-MAXを思い出して
ノスタルジーな気分になりました

その後
夜の銀河アリーナスケートも間に合いました
ツーリングで固まった身体をほぐします 

しかし1時間で太ももがツッてしまいました笑
(最近運動不足)
人間の身体もコンディション維持しないとだめだね笑

0 件のコメント:

コメントを投稿