2010年6月23日水曜日

激変

流し撮りがこれまた難しくて
なかなか枠に入ってくれないんだ
下記は何とかギリギリ枠に入ってくれた1枚

元GTR使いの友人
タダでもらってきたボロいカートでも
飛ばす飛ばす
Nicon D80 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
142mm(35mm換算) 絞り優先 F5.6 1/160秒 ISO100かな

昨日のブログのマリオカートで思い出した

日本から世界に出てゆき
地位を築いたハードは数あれど
(トリニトロンTV、ハンディカム、一眼レフデジカメ、etc.)
日本発のソフトで世界に認められたものは
実は非常~に数少ないのだ

だってパソコン見ても
OSもそうだし
インターネットもそう
ユーチューブも
ツイッターも
みんな発祥は海外でしょ

つまり日本人はハードに強いがソフトに弱い
ソフトも重要なのだ
iPhone iPadが面白いのは
何万種類もあるアプリのおかげかもしれないし

そんな中大健闘したと言えるのが
日本のゲームソフトとアニメソフトとピカチュウ(^ ^;)
これは世界に認められたな
実はすごい存在なのだ
マリオカートも世界で走る

話は変わりひさびさグラフしこしこ作ってみた
ネットに食われた御三家
雑誌とCDとスポーツカー(^ ^;)
これをグラフにして見てみた↓

やっぱり
緑線のスポーツカーは
バブルで崩壊して
Win95でとどめ

青線の少年ジャンプは
Win95の普及で急落

茶線のCDアルバムは
Win95の普及は何とか耐えていたが
携帯電話、iモード、着うたの普及で
力尽きた

因果関係がちょっと見えるね
世の中変化するのだ..

ジャンプが右肩上がりの1980年代の頃は
俺もジャンプ、マガジン、サンデー全部買ってたもんな..
(勉強しろ勉強^ ^;)

ネットが出てきて
出版社の一極支配は終わった
誰でもインターネット公開やケータイ小説などで
デビューできる時代

音楽も無料動画でどんどん流され
大手レコード会社のCD売上は落ちてしまったが
新人はレコード会社を通さず
ニコ動アップなどで人気を獲得しデビューする時代

いわばネットは
強きをくじき、弱気を助ける存在なのかもしれない

0 件のコメント:

コメントを投稿