2014年3月17日月曜日

ジムニー MTタイヤ(ジオランダーMT、デューラーMT674) 雪道走行性能テスト まとめ

日曜は神奈川スケートフィギュアレッスン
今日はフォア・アウトからバック・アウトのカウンター後
そのままピボットで体をかっこよく回すという難しい技でした
毎回勉強になります

教える先生も、毎回色々な技を持ってきてくれて
大変だと思うなあ
私らのレベルに合わせて笑

私らのサンデー教室が始まる前の時間は
選手クラスの子供達がTシャツ1枚で猛稽古してるのですが
私らは「娯楽」「趣味」でやってるけど
彼らは「競技」「戦う」ためにやってる
ここが大きな違い

車で言うと
私らがサンデー・レーサーとしたら
彼らは世界のF1目指して頑張ってるF3クラスの選手のよう
当然、技のレベルは全く違います
教える先生もそういう過程を踏んできたのでしょう
いやはや大したものです

話は変わり
私の記事の週間アクセスランキングで
異例のジムニーのタイヤが上がってる

試しに「デューラー MT674」でYahoo検索したら
お前本家のブリヂストンより上位に上がってんじゃねえかよ!
それはまずいよ、越しちゃ

私の記事でジムニー関連の内容が上位に来るのは稀です
それはジムニー愛好家の絶対数が少ないから
一生懸命ジムニーの記事を書いても(書いてんのか笑)
上がらないのがこれまでの常だった

上がってるのは、きっと今年の記録的大雪のせいでしょうね・・
ジムニーが水を得た魚のように各地で活躍した

ジムニー等の四駆車の違いは
雪道で最大の走行性能を発揮することです
オンロードの車は基本的に雪道を楽しむためには作られてません
もちろん普通の車でもスキーとか行けるけど
あくまでとりあえずスタッドレス履いて行けるようになった
というレベルでしょう

そしてジムニーにスタッドレスではない、通年用のMTタイヤ
(マッドテレーンタイヤ、泥やぬかるみ用のタイヤという意味)
で雪道をどの位いけるのか?
試したのが私の歴史の中にあります笑

5年前の2009年5月、43歳の時に初めてジムニーを購入
それまでの27年間は車もバイクもずーっとオンロード車1本です
オフロードのいろはを知りません

私のコンプリート・ジムニーに履いたMTタイヤ
ヨコハマ・ジオランダーMT+ 185/85-16
を読むと、運動性能SNOWに対応と書いてある
ということは雪道も行けるのか、初めて試したのが下記
(注:いわずもがなですが、全て自己責任の世界です)

2010年2月5日 明神峠 スキー

ソロなら、助手席に190cmのスキー板が入ります笑

そして恐る恐る、初めて走った雪道がこれです
富士山の林道テストコース
けっこういきなりいってるな笑
MTタイヤでもオンロードのスタッドレス履いた車と同等
いやそれ以上の走破性があることが分かった

翌月の2010年3月12日 勢いに乗って同じく富士山林道テストコース

斜めになっても行ける位、走破性があることが分かった

翌年、2011年2月11日 先輩のデリカと
スキー帰りに富士山林道テストコースにご招待
デリカ4WDもスタッドレスではなく
グッドリッチのオールシーズンタイヤですが
4WDは強いです、難なく入ってきます

翌日の2011年2月12日 明神峠越え
雪道の明神峠越え
ここは下りは緊急待避所がある位の急こう配
そこをジオランダーMT+で問題なく駆け上がることができた

富士山の水ヶ塚駐車場
タイヤ真っ白になる位の雪深さでも

余裕で走ることが分かった

さらに翌日の2011年2月13日 富士山下の林道
こんなひと気のない所でも

MTタイヤでスノーツーリングを楽しむことができます
この年はよっぽど楽しかったのか
3日連続で富士山の雪道に行ってます(ええっ)

そして翌年の2012年1月21日 ギブアップ

この年初めてMTタイヤの限界を知ることになります
積雪ありの富士山林道テストコースで
ついに登れなくなりました

積雪が深いと下図のように上に、上に登るような形になるので
かなり厳しいことが分かりました

引き返したところで
雪にはまって動けなくなってる
カローラランクス4WDを助けました
この車はスタッドレスを履いてましたが、街乗り4WDではだめです
ひとくちに4WDと言っても、色々なレベルがあるので注意
夏タイヤのジムニーの方が強いです

翌月の2012年2月17日 明神峠大雪
この日は富士山林道テストコースは踏み固まってました

平和的に雪風景の写真撮影にいそしみます

積雪がなければロードクリアランスはかなりある
通常のジムニーより大径タイヤを履いてます

帰り、明神峠の山梨県側は青空が見えてるのに

峠越えて静岡県側に入ったらこの大雪・・
山の天気は恐いです

翌月の2012年3月11日 チェーンアタック
そして富士山林道テストコースでリベンジです
MTタイヤに必殺チェーンを巻きます 

これでラッセル車のごとく突き進みます

前回行けなかった積雪の登りも余裕

デフは擦ってますね笑
柔らかい新雪なら問題なく削ってすすみます

翌シーズンの2012年12月30日 山形車中泊
MTタイヤで雪国の車中泊にも行けます
(凍死しても知らないけど笑)

翌月の2013年1月14日 明神峠大吹雪
3.2万km使ったジオランダーMT+の3分山で明神峠を登れるかテスト
結果はスタッドレス履いたアクアが登れなくなる坂道でも走破しました
帰りは竜巻のような吹雪でホワイトアウトになって恐かった
(なんも見えん)
車に乗ってなかったら死んでるって・・

そして今シーズン2014年1月13日 シエンタ救出
富士山林道テストコースはブラックアイスバーンの最悪状態
今年から履き替えたMTタイヤ
ブリヂストン・デューラーMT674
スタッドレスでなくても、このアイスバーンを登りました
ちなみに2WD(FR)モードでは、登りませんでした
MTタイヤと、ジムニーの4WD走破力があって初めて
その性能が発揮される

積雪は浅かったが・・

帰りシエンタがはまっていたのを救出
アイスバーンの登りでも引っ張り出すことができました 

よく見るとこのシエンタ、4WDって書いてあるなあ
4WDのスタッドレス履いたのよりも
MTタイヤとジムニーは強いということです

そして2014年2月8日 横浜1回目の大雪
雪でも相模川河川敷に入っていけます

ついでにMTタイヤは川にも入っていけます笑

3日後の2014年2月11日 デューラー限界ギリギリ
富士山の林道に行きましたが

ロートランスファじゃないと登れない位の急坂になった時点で
ついにMTタイヤは空転を始めました
それでも何とかギリギリ登った映像はこちら↓
【前にも載せたけど↓】
http://www.blueskyfuji.jp/_userdata/20140211jimny-fuji4.wmv

そして翌週の2014年2月15日 2回目の横浜大雪 日野レンジャー救出

街中の雪程度だったら、積雪が42cmあろうが

夏タイヤのデューラーMT674で突き進みます
http://www.blueskyfuji.jp/_userdata/20140215ginga3.wmv

ちなみに42cmとは、この位の深さだからね笑

この日はもう街中みんなパニックなので
引っ張りまくりました

4tの日野レンジャーユニックも引っ張り出した
デューラーMT674とジムニー

翌月の2014年3月2日 富士山霧の中
こんなうっそうとしたケモノ道も

入って探検することができます

そして2014年3月8日 雪はまり
この日またジムニーの限界が来ました

キャタピラの跡しかない林道にアタックをかけるも

雪が固いうちは表面走って調子よかったが

溶けて表面が割れるようになったら
推定積雪80cm笑
あえなく埋まりました
もうMTタイヤの性能うんぬんじゃなくて
完全に埋まって腹がつかえてました
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2014/03/2.html
これがジムニーの限界です

こうやってMTタイヤで雪道走るにしても
安全なところでテストし、限界を知っておくことも重要です
(はいはい、ハマっただけでしょう笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿