2017年8月5日土曜日

ホンダ vs ヤマハ vs 他メーカの戦いよ、永遠に!

ごめん毎日穴開きのグローブの写真載せて^^;)
やっぱバイクの運転って手に負担かかってるんだろうね 

そもそもグリップ側がもうツルツルで穴開きそうだもんね笑

そう考えると人間の手って日々再生して
手の皮が減らないようになってる、大したもんだね笑 

帰りにナップス寄ってメッシュグローブ見ましたが
今日のところは引き上げ

さて昨日書いたヤマハの破断分割式コンロッドですが
破断に加えて現行型YZF-R1は稀有なチタンコンロッド

さぞや高いのかなと思い笑、パーツリストで調べると

YZF-R1 2017Yのレースベース車になりますが
(じゃないとパーツリストに載ってない)
コンロッド1本の価格は
約5万円!
4本で20万円!^^;) 

ちなみに他のバイクは
MT-09のコンロッドだと
1本約1万円ですね
この位が普通のコンロッド1本の相場らしい 

YZF-R1を国内販売してた2009年モデルだと
チタンじゃないから
1本1.1~1.2万円です 

私のNinja H2だといくら?笑

チタンじゃないので普通の価格ですね
1本1.1万円位

その位YZF-R1 2017はコンロッドも違うから8耐優勝したかな?笑

どうやらコンロッドの「破断分割」というのは昔からあって
ヤマハ技術論文

2004年型のYZF-R1でもう破断分割コンロッドが実装されてるようですね

かなり詳細に破断面を分析してます、ふえー

破断分割式コンロッドは他の車などにもたまに使われていて
それ専用の機械やソリューションもあるようです、へぇ~
KISTLER
簡単な破断する動画もあって面白いです^^)

メカも奥が深いですねえ

その他YZF-R1は不等間隔爆発でV型みたいな音がするわけですが

やはり8耐と言ったらホンダのV型がたいそう強かった印象がありますね

今月号のヤングマガジンに8耐直前特集が載ってましたが

もうほとんど、ずーっと、ホンダが勝ってきた歴史があります

これ30年前の、私が若かった頃の実家の部屋ですが笑
当時のRVF750とガードナー選手かな、のポスターが貼ってありました

ホンダのVFは当時からトルクがあって乗りやすいと言われていて
我々400のVF/VFRも人気がありましたね 

つまるところの後ろの白いVFR750は
教習車にも使われたし、白バイにもよく使われたし
万能だったですね
長丁場の耐久レースにも持ってこいかもしれない

正直私2スト派だったのであまりVFとか8耐って知らなかったのですけど

ホンダのコレクションホールも展示は2ストのスプリントの方が多いです

2ストですね

つまるところ耐久レースというのは明確に2ストと切り離されましたね
昔から4ストだけで行われた

このあたりですね、ホンダの4ストの耐久マシンは

ヨーロッパの耐久選手権が主戦場だったようですが

8耐の初期の優勝マシンでもあったようです!

かくして、ホンダは今年YZF-R1のアルミタンクの上をゆく
チタンタンクで8耐に挑んできましたが笑
結果はおしくもヤマハ勢の優勝となりました

ライバルがいてこそ面白い車バイクのレース

四輪のルマン等の耐久レースの方はポルシェが撤退しちゃうんですね・・
https://response.jp/article/2017/07/28/298004.html
トヨタのみポツッと残る感じ・・

バイクの方はそうならないよう祈りましょう!