2014年4月10日木曜日

日本は軽い子が好き

ものすげー忙しい
全てを忘れてこういう所行きたい感じ・・
ジムニー北海道車中泊より
いかんいかん現実逃避しちゃ

さて、ダシに使って悪いけど
こういう外国のそうそうたる新型バイクと

ドカティ
 トライアンフ
 KTM
 MVアグスタ

日本の新型バイクでは

カワサキZ1000
 ヤマハMT-09
大きな相違点が1箇所あります

それは「フレーム」

前者の外国車は全て鉄パイプのトラスフレームで
後者の日本車は全てアルミ製のフレームです

これはもう30年前のスズキRG250ガンマの時から
日本のスポーツバイクはアルミフレームが当たり前です

なぜ外車は旧式の鉄パイプを使うんだろう?
剛性的にも、重量的にも不利なはずなのに

スチールパイプの方がコストダウンが図れるからかね

・・いやコストダウンを目指すバイクじゃないだろうこれらは笑

もしかしてアルミフレームは技術的に、不得手?

ひょっとすると内心そうかもしれない

世界の鉄鋼シェア

んーやっぱりオランダのアルセロール・ミッタル以外は
ドイツ、イタリア自身は鉄鋼不得手そう

どうやらひとえにアルミフレーム作ると言っても
合金技術や、鍛造プレス技術、強度形状など
開発が難しいらしい

神戸製鋼のアルミフレーム技術資料発見
http://www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/54_3/051-053.pdf

ホンダのアルミダイキャストフレーム技術も
http://www.honda.co.jp/kengaku/motor/alumi-frame.html
なぬうクレア・スクーピーのフレームってアルミでできてるのか!
生意気だ笑

どうやら日本はこういった素材技術でも抜きん出てるらしい

日本企業の世界シェア
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/innovation/nanowg/3kai/sanko1.pdf
・日本の高張力鋼世界シェア:79%
・日本のカーボンファイバー世界シェア:76%
ダントツです

アルミ鍛造と言ったら、日本のレイズとBBSだし
レイズ
http://www.rayswheels.co.jp/
BBS
http://www.bbs-japan.co.jp/jp/index.html
世界のF1でも使われる最高技術のホイール

軽自動車でさえ高張力鋼を多用
ワゴンRの高張力鋼はベルソニカ
http://www.bellsonica.co.jp/topics.html

こういった素材やパーツメーカも
日本の車やバイクの世界一の魅力を
縁の下から作り出してるんだね

まあ伝統的なトラスフレームも
ここまで駆使するとこれは最高芸術だけどね
ビモータの芸術作品でした

0 件のコメント:

コメントを投稿