2018年6月23日土曜日

ホンダ新型CB250Rはシングル最高の車体と足回り、7時間試乗インプレッション

金曜は有休取ってレンタル819CB250R試乗です!
出てほやほやの新型です!

ドカティ東名横浜へ到着しました

いつもお世話になります

これが新型CB250Rです!

ここのお店はほんとかっこいいなあ

間違って「これ下さい」と言っちゃいそうで恐い笑

CB250Rはおろしたての新車です!
また慣らし役だよ! 

3月に同じ車体のCB125Rは試乗しました
http://blueskyfuji.blogspot.com/2018/03/cb125r1258.html

それと比べてどうでしょう!?
インプレッション開始! 

さっそく東名
いやこのバイクの剛性感といったら 

神経集中するとこのツリーのピボットあたりの硬質感がすごい
ここがカッチリすると高速ですごく安定しますね

【動画でのインプレッションはこちら↓】
https://youtu.be/trTj5f5f0Oc

ちなみに100km/h巡航時の6速エンジン回転数は
スーパースポーツCBR250RRより低くて余裕あったりします笑

で、CB125Rと同じく

ブレーキのタッチは甘めちゃんなの笑
まあ効かないわけじゃないので問題ないですが! 

ここのラジエターシュラウドは・・
かっこいいけど、コンコン叩くとプラスチック製だった

兄貴分のCB1000Rは
http://blueskyfuji.blogspot.com/2018/04/cb1000r6.html

チタンっぽかったけどね(値段が違うから!^^;)

うお~やっと入れたよ御殿場かつ栄
アジフリャー&ロースかつ定食^^)

平日11時ならすいてた笑

このバイクの特徴は

このピボット部の剛性感

見た目も素晴らしいんだけどこのフレーム
面を使った高剛性に仕上げてますね 

この強靭なフレームが

後ろの

ピボットまでまっすぐ進み
そして頑強なスイングアームマウント 

チョイガルアームへ、と一連の高剛性が続く!

ちなみにCBR250RRのフォークのチューブ径は37パイなので、それよりCB250Rの41パイの方が太いです!
http://blueskyfuji.blogspot.com/2017/02/cbr250rr7.html

今週も御殿場のアジサイ寄ったよ!

きれいですね~

満開ですね~

モフモフですね~

ダークシルバーメタリックのタンク造形が素晴らしい

富士山五合目登りました
残念ながら景色は見えませんが 

そんな思いは消し飛ぶ位いい走りでした

使いこなす喜び、単気筒CB250R

たぶん車体と足回りはこのクラスで群を抜いてるかと

これに乗っておけば性能は間違いなしと

言える車体バランスではないでしょうか

250ccになってもフレームは全然負けてません

勝ってます笑

たぶんKTMがものすごい剛性と足回りで出してきたから
http://blueskyfuji.blogspot.com/2017/08/ktm-ktm-390-duke-8.html
フロントフォークは大型バイクと同じ43パイ!

必然的にCBも強くなったのでしょうね

なんかモノトーンのカッコよさがありますね^^)

実際プラスチックの「タンクカバー」らしいのですが
質感あります 

若干CB125Rよりタンデムシートが大きいんだね

微妙にCB125Rと違う点はあります

おお~富士山見えてるね
富士山ブルがキュラキュラ登ってました^^)

ブレーキはキャパ自体は充分です

タイヤはダンロップのGPR-300
125と同じタイヤだった 

ラジエターがちょっと大きいCB250R

これが250cc単気筒エンジン

以前CB250Fに搭載していた時は
CBR1000RRのボア&ストロークと同等と表現してました!
http://www.honda.co.jp/CB250F/performance/

アンダーカウル等が250は

125と違うんですね
あーエキパイも250の方が太いですね

ラジエターシュラウドは大型

125はこうだったですからね

250は構成が若干違います

 ステップはラバー付き、かつウエイトが重いタイプ 
乗りやすかったよ^^) 

125のステップはラバー無しだったからね

250の大きな違いはサイレンサーが大きくなったこと

125は小さかったからね

250のフィニッシャーエンド
質感ありますね

兄貴分のCB1000Rのマフラーに似てますね^^)


リヤブレーキも125と同じ

サスも見た目同じかな

250のステッカー

125のステッカー笑

サイドスタンドが短足笑

高速で風圧を気にする人はスクリーンを付けましょう笑

造形の合わせ目がいいね

タンクの造形はかっこいいです

シートは固め、スポーツ走行向け

250のタンデムシート

125のタンデムシート
タンデムシートは明らかに違いますね笑

海外のHondaサイトに、ハンドルはラバーマウントって書いてあったけど

あ、ほんとだ、ゴムの土台が入ってるよ
ハンドルの振動防止だね^^)

ハンドルは125と同じく幅広タイプ

クラッチは軽い

マスターシリンダーが小さい(握っても効かない)気が、するなあ笑

メーターは水温計設置のためギヤポジションインジケーターが無くなりましたが
まあなくてもなんとかなる笑 

今日は富士山一周しました

トコトコ下道ツーリングには最適の排気量ですね

軽くてほんとに気楽にツーリングできます^^)

ブラックホールのように黒くなるLEDヘッドライト笑

サイレンサーはこの位大きい方が車格が立派に見えますね

本栖湖が見える展望駐車場

今日はおかげさまで雨の心配は皆無でした

キーは125と同じく内溝の高級タイプ

河口湖近くで一度ガソリンを入れましょう

169km走って

みっちり入れて

燃費リッター31km位走ってますね、いいですね!

125と違って有料道路でビューンと帰ります
富士山ちょっと頭出た

CB250Rは250ccのハイパワーでも充分過ぎる程の車体、足回りキャパシティでした

質感も、けっこうありますよね^^)

高速道路でのエンジンも、常用の100K近辺なら十分です笑

常用域で乗りやすいエンジン

 写真を撮るとヘッドライトが黒くなる笑、新世代バイク

これだけ造り込めば、KTM DUKE勢にも、BMW G310Rにも恥ずかしくありません

見た目、走り、質感、ガチンコ勝負できます笑

エイジレスで幅広い年齢層の方が楽しめるでしょう

こう見るとサイレンサーがかなり大きいですね
現代の騒音、排ガス規制にも対応

富士山で、下りでエンブレかけるとポポポポけっこうアフターファイヤー出てたので笑
けっこう抜けはいい(性能いい)んだと思いますよ 

一番すごいのはZX-12Rのデビル管でしたけどね
アフター炸裂音が富士山にこだましてました笑

世界にも打って出るCB250R

どうやら欧米、アジアではこれの300cc版のCB300Rが主流のようです
300ccならもっとよく走りそうですね 

まあ日本は車検の関係で250になりますが
こんなさりげない、肩肘張らないバイクもいいですね 

かといって足回りや車体は最高性能

日本の各メーカがアジアで生産し始めた時は
性能や品質に、ん?という面はありましたが笑

もはやそんな心配は皆無になりましたね
フレームの溶接跡含めて笑 

H口さんへのおみやげ買っといた

ソフトも食った

東名走って帰ってきました
270kmだから、ちょうど前回給油から100km走って 

ガス補給

3.51リッター
燃費リッター28.5km位
高速を飛ばすと燃費落ちますね^^;)
のんびり下道ツーリングしましょう笑

いや、やっぱ新型はすごいですね、CB250R、いいバイクでした!

さてシグナスXで

鎌倉のH口さんの家へ

GUコラボのホンダTシャツを買ってきてくれました!

H口さんのZX-14Rはインターブルームで整備中で、代車がCBR250RR!
みんな今日はえせホンダ党でした!笑

0 件のコメント:

コメントを投稿