2011年12月17日土曜日

ユーザ参加型自動車デザインのすすめ

このブログを読んで
このペダルを買ってしまった

確かにダイレクトタッチって効きそうだな、ゴムなしの
ていうかペダルのゴムって取れるんだ、知らなかった
冬休みに取り付けてみよう

ペダルのタッチで一番印象に残ってるのは
若い頃友人の乗ってたR32GTRのすごいの
ブレーキフル強化してフルメタルパッド入ってて
踏むとゴリゴリーッ!って鉄どうしの当たる固い感触が
ペダルを通して足の裏に伝わってきた
よく知らないけどサーキットのフェードにはそれが一番効くんだと
夜はローターが真っ赤に光る位焼けます笑

最近、車の負けている点
それは拡張性に乏しいこと

趣味車は拡張性が大事だと以前も書いた
でもスマートフォンのアプリの拡張性は無限大だし(飽きない)
パソコンもインターネットで様々な新しい遊びやコミュニティ出てくるし
一眼レフデジカメも、カメラ本体は同じままでも
レンズを色々変えてどんな写りかずっと楽しむことができる

それに比べたら車は何と変化に乏しいこと・・一度買ったら

まあある意味車の改造・チューニングが変化・拡張性を与えるいい手段だが
(どんな走りになったかな?と何度も楽しむことができる)
改造は特定の人を除いてあまり一般的でない

なんか一度買っても変化のある車ってないんだろうか?
例えば車の形状を変えられるとか

実はレアだが昔そういう車があった
2ドアクーペと、カーゴ付きのワゴンに行ったり来たりできる構造だった
(諸事情によりユーザの付け替えは禁止になったが)

このコマーシャルの車か・・20年以上前の車↓(よく集めたな・・)
このような遊び心のある車を、いま出せないものだろうか
(また売れないかな笑)

実は何を隠そう我がAZ-1も実はそういう構造を狙っていたのだ
ボディパネルは簡単に外せるプラスチック

マツダの技術者の方も、この資料の中で(43頁目)
「他車にないユニークなものとして、スケルトンモノコックフレームに
約70本のボルトで取り付けられるプラスチック外板があげられる。
外板のプラスチック化は、耐錆性、デザインの自由度増大、軽量化、
軽衝突時の復元性などのメリットと共に、カスタマーモービルの可能性も秘めている。」
としている

結局元の車があまり売れなくて笑
違うボディまで出したものはほとんどなかったけど
唯一このサブローって車が超レアで世界に5台だけ出たの?
奇跡的にいま中古で出てるらしいのだが

こういうのをもう少し手軽に実現できれば、車もなんか面白いよね
車を買う時にオリジナルのデザインにしてもらうのでも構わない

前にもユーザ参加型の車の設計、デザインなんて書いたけど
あらためて書くと
自分だけのオリジナルの車のデザインを作りたい人向けに
自動車メーカはAZ-1のようにデザインを変更できる骨格型のベース車を用意し
クラウドサーバにユーザが簡単に使える3DデザインCADを用意して
骨格に取り付ける外板のデザインをユーザが自由に設計できるようにする
自分だけのデザインの車を作ってみたい人なら、使ってくれる気がする

イメージ的にはここのCATIA V5の設計映像が参考になる
ノーマルのAUDI R8から、レーサーのR8をデザインしていく
このワンオフのイメージ

作成したデザインは簡単な流体解析もできるようにしておき
お、このデザインだと空力良くなるな、とかユーザがトライアンドエラー
できるようにする(作り込みが面白い)

また外径寸法からはみ出したり、骨格に接触してしまうようなデザインは
逐次デザイン・ルール・チェック(DRC)が働くようにしてユーザに教えてあげる

出来上がった3D CADデータは、メーカに送信して注文すると
メーカは金型まで起こさずに3Dプリンタの進化した版を使って
樹脂パネルを作ってくれる
今で最大90cm×90cm位のパネルは作れるみたいだから
もうちょっと進化すればAZ-1大のボディパネル位は作れるようになると思う
それでユーザは自分だけの世界に1台のデザインの車を楽しんだり
外板だけ何度も換えて楽しみを持続することができる
ある意味光岡自動車のリデザイン・カーを個人単位で作るような感覚
光岡自動車でこれだけ売れてるんだから、ニーズはあるはず

そうやって車の設計を楽しんでもらったりして、人々の車に接する時間を
多くしてもらう

また車を運転できない年齢の子でも、デザインするだけならウエルカムだ
若い好奇心を元に存分にCAD設計を楽しんでくれ
その子供の頃の体験が、ゆくゆくは自動車業界に貢献することとなるだろう
(次世代継承対策)

また非常に優れたデザインや、有名人が設計した車などは
プレミアム的な希少価値を産むことができ、高く取引されるなど
ビジネス利益、業界の活性化に貢献する
いいことづくめじゃん笑

なーんてのは夢物語ですかね

0 件のコメント:

コメントを投稿