2011年3月30日水曜日

あとは魅力のある車づくり

電波時計の時刻合わせが災害の影響で止まっている

こうなるとカシオの電波ソーラー腕時計もタジタジだ
災害に意外と弱い文明の利器

地震が来る前から世界的に景気が低迷している
もとい、中国など新興国は伸びてるので
これまでの経済先進国がパッとしない

気のせいではなくて、一応データを見ると分かるが
世界の実質経済成長率ランキング↓

成長率でプラスのとこなんか、先進国ほとんど入ってないでしょう
日本なんて182国中162位・・俺の高校での成績みたいだ
これはいかん
内定率や就職も厳しくなる訳だ..

これは被災してない人は頑張って経済回すしかない
節電にも配慮して
自動車メーカはメーカ同士で協議して代わりばんこに工場止めて
節電しようかと考えている
へぇやるねえ

個人的には夜は電気あるのだから
当面夜工場動かせばいいのではと思うけどね、夜勤して
近所迷惑かもしれないけど
大手タイヤメーカは日頃から夜も24時間工場を動かしてるはず
(すみません知り合いがいるので)
まあ何かそう簡単にはいかない事情があるのだろう

もし自動車人気を復活させるなら
意図的に生産量を調整してプロダクトの希少性を高めること
ハングリー・マーケティングとか言うのかな
ここの説明が分かりやすい↓

品薄だと飛ぶように売れるのは
今回の地震で買占めが起こった食料で明らかだ

工場を止めてまで節電が必要なら
尚更生産調整を考えた販売手法があてはまる

総販売台数は減るので、今までのような安値大量販売ではなくて
1台あたりの利益を高めるような施策が必要

結果的に台数が減れば、環境にもいいのでしょう
半分皮肉だけど

環境問題、低消費社会はどうも世界経済的にいい方向に行ってないというか
挙句の果てが放射能で環境汚染に・・なってる気がしないでもない

0 件のコメント:

コメントを投稿