2011年1月6日木曜日

意図的にたて直すには?

水曜から仕事が始まった
風の便りで
知り合いの競合の方が年末で退職されたことを知った
業界団体の活動では懇意にしていたのに・・
日本は今いろんな意味で大変です
仕事があって夜露しのげるだけでも恵まれてるのかもね

景気は長い波の周期があるが
娯楽も長い波で変遷があるんだろうね
例えば自動車という趣味も戦後一息経った1960年頃から
車が普及して、始まったと思うが
それ以前は何か別の娯楽があったはずだ
車でブンブンガソリン使って走り回る趣味も
50年で一区切りってとこか
徐々に縮小している

そんな中同じ位の世代のアニメマンガ趣味は
留まることを知らない
年末のコミケの来場者数が3日間で52万人だ
仕事柄東京ビッグサイトの3日間10万人位の様子は
どんな位か知っているが
52万人てすごいよ・・
それだけ人を集める価値があるってことだ
頑張ってコンテンツを産み出している人達の努力の賜物

車の価値を増す手の一つとして
邪道かもしれないが生産調整というやり方がある
いま国内の車は保有台数が飽和しているから価値がない

生産調整で有名なのが減反政策だ
米余りを防ぎ、米の価値を維持するための政策

これを車でも実行しちゃう
例えば今年の販売台数は
セレナ○○台、ノート○○台で終了、と
トータル生産台数に上限を設けておく

そうすれば飽和の抑制になるし
今年あと○台しか残ってない、買わなきゃ、と
製品の心理的価値っていうのかな、が高まる
Web通販でも「残り○個」と表示されるとあせるもの
TV通販もそうか

私も中学の時、品薄な
ルービックキューブとかガンプラ(ガンダムプラモデル)の
初期モデル買うのに大変苦労したのを覚えている
買えない方がほしくなるんだよ

前出のコミケも、詳しくは知らないが
皆希少な同人誌を狙って殺到している趣きがある

品薄はあの2スト煙幕車トラバントをも
納車待ち10年の人気車に仕立て上げるし
(旧東欧時代)

新車が手に入らないキューバでは
化石のようなアメ車が今でも価値があって重宝されてる

年間の生産台数を決めておけば
メーカ側も生産計画や利益予測を立て易い
品薄性から1台あたりの利幅も高値安定が可能だ

環境エコロジーの観点から
車の生産台数を抑えるという
生産調整するには格好の理由、大義名分もある

ま、簡単にそんな変革はできないだろうけど

0 件のコメント:

コメントを投稿