2010年12月8日水曜日

車の目的以外に電気自動車が売れる?

火曜は業界団体の会合&忘年会で西荻窪へ
電車から眺めているとこの辺の家は
自家用車がない家が多い(その位密集している)
ある意味電気自動車の喧騒とか無縁の所

日産リーフの電池容量がすごいことは以前書いたが↓

この方も最初深夜電力料金の8円/kWhを使えば
とても安く充電できると書いたが↓
しかしその分昼間の電力料金が2割以上高くなるので
得にはならないと訂正した

この設定か↓
東京電力の電化上手
それじゃ電気自動車にとってはいまいちだね

電気温水器(エコキュート?)向けなら
結構専用のお得なコースあるのにね↓
深夜電力

上記を克服する手が一つあって
電化上手で夜充電した電気自動車のバッテリーを
昼間家の電気向けに使う
リーフのバッテリーの24kWhあったら
1000W使って24時間持つんだから
液晶TV(200W)と家の電灯(100W)と冷蔵庫(25W)程度の生活だったら
余裕で昼間1日持つ

日本の乗用車は95%以上お休みしてるそうだし↓
休んでる間は家の電気に使ってもよいだろう

そうすれば昼間の電気も深夜電力の9円でまかなえるから
電気代は半額位になる
もしこれを国民全員がやったら
東京電力の売上が半減するってことだよな
そりゃ東京電力はたまったもんじゃないでしょう

それを分かってて
電気自動車向けの優遇設定を設けないのでは?
ようは電力会社にとって電気自動車は
敵にもなる諸刃の剣

リーフって補助後290万円位で買えるんだっけか
これで昼間の電気半額にできれば十分な訳で
もしかすると200~300万円する家の太陽電池など
買わなくても、同じ値段でリーフ買っちゃった方が
家のコスト節約になるのかもしれない
リーフの方が天候に左右されないし
太陽電池と違って充電しておけるし
時には動いて便利に使えるし

つまり車自体は大していらなくとも
家の電気代のために買う・・てなことになって
電気自動車は沢山売れちゃうのかもしれない

0 件のコメント:

コメントを投稿