2010年11月22日月曜日

車名のジンクス

今日は自動車図書館で仕入れてきた
新車登録台数2008、2009年のデータを追加して
いろいろピボット集計してみた

昨日のブログで触れた1BOX・ミニバン乗用車の
キャブオーバー型、ボンネット型の新車登録台数推移↓
やっぱりボンネット型出てきたら
キャブオーバー型はタジタジだ

カローラとプリウスの新車登録台数推移を
2009年まで入れてみた↓
ありゃ、カローラとプリウスの台数逆転しちゃったよ
ターニングポイントが来てしまった
カローラとプリウス台数のターニングポイント:2009年

ちなみに
フイルムカメラとデジタルカメラ台数のターニングポイント:2001年↓

ブラウン管テレビと薄型テレビのターニングポイント:2005年↓

ふとデータを見ていて
レクサスの販売台数がやばげ・・↓
まあ確かにトータルでは伸ばしたけど
新型のHSやRXで
でも主力のLS、GS、ISがこんな下がっちゃってるけど
大丈夫かな

日本のジンクスで
記号系や数字系の車名の車って売れないんだよね
欧州と違って

たぶん日本のフツーの人
LSとGSとISがどれがどれで、て分からないと思うよ

分かりづらくて売れなかった前例は
バブル期の
ユーノス100
ユーノス300
ユーノス500
ユーノス800
アンフィニMS-6
アンフィニMS-8
アンフィニMS-9
全然分からないでしょ(^ ^;)
俺もよく分からない

何を隠そうオートザムAZ-1もそのはしくれ
同じ並びにオートザムAZ-3なんて車もあった
やっぱり両方とも売れなかった(^ ^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿