2010年11月3日水曜日

まだまだ試練

ドラマを何気に見てる
肝臓移植のちょっと重たいテーマ
他人のために肝臓を提供できるか
病気で苦しんでる人は沢山いるのだろう
昔「健康なあなたには絶対分からない」
と言われたことがある・・反省
ドラマの撮影場所はまさしくここ使ってるね↓
江の島水族館裏

昨日のブログで
電気自動車はとっても電気食うことが分かった
(家単位ベース)
ゆえに電気自動車は航続距離がネック
200kgとか電池積んでも
ヒーターやエアコン使って走ったら
200kmは走らないだろう
これはちと厳しい

私の原付GTR125でさえ
時にはガス満6リッターの給油で288km走ることもある
横浜⇔甲府往復無給油
つまり電気自動車の航続距離は
「原付以下」となってしまう

それでもまだ継ぎ足し充電すぐできて
走れればいいんだけど
急速80%充電でも20分とか、かかる

ここに自身これまで乗った車バイクの航続距離と
燃費、燃料タンク容量をグラフにしてみた↓

トレイシー125の
75kmって何だよ(^ ^;)
(水冷2スト・レーサーレプリカスクーター、

ここで電気自動車の航続距離は
軽自動車以上とは言わないから
せめて原付以上の5番目位の位置に入りたい
リーフの300万円の車で、300kmは走りたい
それがまず電気自動車の第1目標
革新的な電池を産み出すか
斬新なモーターを開発するか

でないとエンジンと電気の両刀遣いであるプリウスの
千kmという途方もない航続距離に大きく水をあけられ
ハイブリッド車の価値を凌駕するのは大変難しいこととなる
エコするなら手軽に159万円のフィット・ハイブリッドで十分
ともなりかねない

あー・・言うは簡単
作る方(メーカ)は大変だね(^ ^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿