2011年11月23日水曜日

アズナブルでリーズナブルに

もしあなたに月1万円だけ自由に使えるお金があったら
次の何に使いますか?

①パソコン購入費とプロバイダ料に使う
②スマートフォン購入費と通信料に使う
③自動車購入費とガソリン代に使う

今の時代間違いなく①か②でしょう
①②がきっ抗して、③はちょっと離れてみたいな
その位自動車には厳しくなった

ちなみに私が育った若い頃は①②の選択肢がなかった
1970年代、80年代、90年代のこと
必然的に皆③に向かった
今は世の中が変わったのだ

では自動車が生き残るには?

以前も何度か書いたが、電気自動車になったら車は
通信基地局になる可能性を秘めている
ベース・ステーション
車自体がスマートフォンにもなる
つまりスマートフォン市場に肩を並べるのだ
ドコモ春のラインナップの並びに、電気自動車もスマホとして並べる
キャッチは
「真の移動体通信、スマホの中に乗って移動できます」がいいかな笑

最近の人はスマホに月1万円払うとか全然抵抗ないから
車は月2~3万円位のスマホになろう
それでスマホのように通信もできるし、アプリも使えるし
搭載PCでパソコンも使えるし、プロバイダも込みでWebもOK
前述の①②③全てに対応しちゃうのだ
そうすればたなぼたで車がすたれることはない
キャッチその2は、ソフトバンクのホワイト家が出したら
「真の移動体基地局、ホワイト・ベース登場。あなたもニュータイプに」
がハマり笑
ガンダムネタでおっさん市場も獲得
しかしこのホワイトベースのネタすごいな笑

後は一度車に乗った顧客を離さないなら
インターネットやスマホのようにコミュニティを作ること
ツイッターやフェイスブックのように
車降りたら交流できなくなるよ、って

そうだな電気自動車は動く家電の家になる可能性を秘めてるから
シェアハウスが流行ってるのなら
車同志で気の合った仲間といろんなところで住めばいい
北海道の蟹の家みたく
それがコミュニティ

そんな車で住めるかいってあるかもしれないけど
電話機だっていま固定電話持ってない人っているよね
携帯電話だけで済ませてる人
確かに私の家も固定電話はもう形骸化している
私が若い頃の70年代、80年代、90年代じゃ考えられなかったことだ
今じゃ想像もつかないカーライフスタイルになっていることだって
考えられるよ

0 件のコメント:

コメントを投稿