2016年2月23日火曜日

バイクの30年史 ~規制との戦い編~

月曜は帰り雨でした

家着いたらやんだので、すぐ洗っておきました

この30年間使ってる洗車ブラシで笑
これでNinja H2でも何でも洗います
私の一生モノのブラシです
(ふつう工具とかだろ笑)

さてNinja H2 ECU改のパワーチェックで一喜一憂してる私ですが
スーパーチャージャーのNinja H2が出て
一気にシャーシダイナモの活躍が多くなった気がします笑

ゼンマイセッティングサービスさんのNinja H2パワーチェック

MSセーリングさんのNinja H2パワーチェック

トリックスターさんのNinja H2パワーチェック

Dynojet社のNinja H2パワーチェック

BrocksさんのNinja H2パワーチェック

などなど、その他YouTubeで「Ninja H2 Dyno」で検索すると
たっくさん映像が出てきます

思えば私の30年間のバイク人生は
馬力規制との戦いでした笑

私らが中学~高校の頃(1980年代前半)

原付(50cc)の最高速度が問題となりました

当時RZ50、MBX50、DT50などのノーマルは
余裕で80km/hオーバーの速度が出ました

(写真は後年のNS-1、ノスタルジック2デイズ2016より、イメージ)

スクーターのリード50、JOG50などの初期型も
70km/h以上の速度が出ました
そもそも50ccの制限速度は30km/hだろ、ということで問題となり
すぐさまこれらのバイクは60km/hリミッターが付くという措置が取られました

次に250cc、NSR250Rの時代(1980年代後半)

RZ250から始まった2スト・パワーウォーズは
NSR250Rでピークに達し、自主規制の45PSを軽くオーバーして
60~70PSは出ていただろうと言われてます
これも問題となり
ある回転以上からすっぱりパワーがカットされる
「台形パワーカーブ」が施されました('89以降)

伝説のフルパワーマシン、'88NSR

1990年頃、V-BOOSTシステムが外されたV-MAX

初めて国内で正規販売された1000cc超の大型バイク
(それまで日本は750ccまでしか売ってなかった)

北米仕様フルパワーの145PSのV-MAXに比べ
日本仕様はキモのV-BOOSTシステムを外し
97PSだか100PSで売りに出された

(写真は1997Y V-MAXカナダ仕様・並行輸入、V-BOOSTあり140PS)

世界的に規制が入った2000年、ハヤブサ、ZX-12Rの時代

ZZR1100、CBR1100XXに始まった最高速ウオーズもついに
ハヤブサ、ZX-12Rで実測300km/h、メーター読み340km/hに達し
世界的に社会問題となった笑

ZX-12Rの初期型2000年モデルを最後に
全てのバイクにメーター読み300km/hリミッターが付くこととなった

写真は伝説の350km/hメーター(ZX-12R 2000Yモデル)

そしてご存知、2015年のNinja H2、1万rpm以上パワーカット

そんな場面を多く目にしてきました笑

ま、パワーだけが全てじゃありませんが笑

遅いバイクも好きです(改造してるだろう!)

ジムニーもゆっくり探検するのが、楽しいです

昨日はワイルドグースのジムニー仲間は分散しました

K倉さんは四駆レスキュー隊の訓練をしてきたそうです!
(写真を頂きました)

たくさん集まりました

みんなで教わります

頼もしいですね!
普通の方は今、けん引ロープも使ったことないでしょう

I瀬さん達も富士山方面で悪路練習してきたそうです!
(写真を頂きました)

雪も少なくなりましたね

え、えぐい!

1人で行くと、死にます笑
スピードが出なくても、スリル満点です

いろいろな車バイクがありますね

0 件のコメント:

コメントを投稿