2010年12月3日金曜日

Great かたつむり

なんでも日経ビジネスによると
ネイチャーテクノロジーってのがあって

かたつむりの殻はなぜ汚れないのか?
(確かに)
隠れて自分で手入れしているのかと思うと
そうでもない

実はこれ殻の表面に非常~に細かな溝があり
そこに水が常に溜まってて
その上に油汚れが落ちても
殻に付着することなく
雨が降った時洗い流される
こんな構造らしい

それをINAXがかたつむり一生懸命調べて(^ ^;)
汚れない外壁を作ったんだと
これか↓

水をはじくんじゃなくて
親水性で汚れの付着を防ぐってところがすごいよね
逆転の発想みたいな

これを自動車のボディに活用せんかーい
洗車大変なんだよ(^ ^;)
汚れ付かない車あったら大変楽

さすがに車の表面は熱いから
(炎天下、エンジン熱などで)
水が蒸発しちゃうかね(^ ^;)

外壁と言えば
今度の土日屋根ほかリフォームです
1996年に建てて早や14年
今まで一度も手入れしたことなかったが
先週外壁がバックリ割れてるのには驚いた

サイディングパネルの間のコーキングゴムが
劣化してひび割れて穴開いた
またゴム系だよ・・GTR125のマニホールドに続き

通りがかりの本職の若者2人がすごいはしご登って
安く5千円で直してくれたので
直射日光の屋根はもっと酷いかと思い
今度の土日屋根塗ってもらうことにした

全てのサイズが2分の1スケールの
軽自動車みたいな家だけど(^ ^;)
車だって14年経ちゃいろいろメンテするもんな
家もメンテが必要ってか

2 件のコメント:

  1. かのデロリアンはステンレスボディでしたね。
    洗車不要の画期的なボディのはずが、
    「洗車の楽しみ」がなくなった事への酷評が多かったとも。

    電車はアルミ車体が多いですが、
    あれは事故が99%以上発生しない前提ですよね。
    車だったら即死確実かなあ。
    関門トンネルとか地下鉄向け等にステンレス車ありましたけど、
    コストの問題でしょうか、今はないですね。

    うーん、このエコ時代ならステンレスボディも
    悪くない気はしますけどね…。
    あ、塗色の楽しみもないのか…。

    返信削除
  2. お久しぶりです。
    おお~デロリアンそういえばステンレスボディでしたね。
    他にもステンレスボディ車あってもよさそうなのに
    意外とないですね。
    軽量化ならアルミ車体か・・
    これも後にも先にもNSXだけがオールアルミボディかな。
    今後はフルカーボンボディの車?
    高そうでやっぱり主役は元祖・鉄っぽいですね(^ ^;)

    返信削除