2017年2月9日木曜日

ネオバックヤードビルダーの時代がやってくる

FZ1 FAZERに乗ってた会社の先輩が
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2016/06/ninja-h2_19.html
水回りの深刻なダメージで終わったので

PCX150に乗り換えたそうです!
ETCもFAZERから移して、高速走る気マンマンだそうです!

いいな私も今
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2016/11/cb-160r8.html

150ccバイクに
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2017/01/1558.html

ぞっこんです笑
さてジクサー150が

人気のZ125に対して
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2016/04/z125pro8.html
利点があるとすれば

私の見立てでは(それが一番怪しい笑)

ジクサー150はミッションが大きくて強い笑
フラットシングルのZ125に対して、バーチカルシングルっつうの?
のジクサー150はやはりミッションが大きいです

4miniもノーマルで乗ってれば問題ないんだけど

いじくるやついるじゃん笑(誰?)
フルチューンにして

それで4速ミッションのところにギヤを薄くした5速ミッションを入れたりすると
(手乗りインコのようにかわいいミッション笑)
やっぱり強度的に弱いそうです
(DAX125改に5速キット&強化クラッチ装着車のH口さん談)

長い目で見たら、ジクサー150もいいかもね笑

さて小排気量車のエンジンでも(例:250cc)

こんなエンジンが出て楽しめればいいなと思います

ホンダRC166(250cc)の伝説の6気筒サウンド!
https://www.youtube.com/watch?v=2KRBbdyWOJM
まあ今はそんな何台売れるか分からないバイクのエンジンを
バイクメーカは作ってくれないかもしれませんが

もしかするとその夢は実現するかもしれません

「バックヤードビルダー」
https://gazoo.com/car/history/Pages/car_history_014.aspx
昔こんな言葉がありました

ミニとかの趣味車を(私が若い頃乗ってたミニです笑)

軒先(バックヤード)でチューニングして商売する人がいました
ロータスとか、マーコスミニとか、そういう時代です

それがまた技術の進歩で復活するかもしれません

例えばワンオフのエンジンも
今はマシニングで作れてしまう時代です
https://www.youtube.com/watch?v=s5si6YMxJTo
アルミの塊りから 

CADのデータ通り、自動で切削していって

V8エンジンが姿を現します

そう、もうたいそうな金型や鋳物なんて必要ないんです

今は製作機械も進歩し、10軸制御のマシンもあるほどです

最後に刻印を入れて出来上がり・・きれい

既にモトチャンプの 

KN企画が、オリジナルのエンジンを作ってます

個人の要求に応じてエンジンを作ってくれる時代が来るかもしれません

2016年3月の東京モーターサイクルショーでも
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2016/03/2016.html

KN企画のブースでは

スペシャルエンジンのマシンが展示してありました

今はバイクメーカも作らなくなった2ストエンジンを作ってしまいます

バイクメーカに頼らなくていいんです

メットボックスいっぱいのエンジン笑

GAZOO Racing フェス2016で展示してたルマンのハイブリッド車も
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2016/11/gazoo-racing-2016.html

エンジンを見ると

マシニングで起こした跡が残ってます

ワンオフのレースの世界ではもう当たり前なのかもしれません

複雑なエンジンも3Dプリンタやマシニングで作る時代が来ました

バックヤードビルダーの復活

現代版のネオバックヤードビルダーかな?笑

そういう腕のあるビルダーが、はい、ジクサーに載る180cc 4気筒エンジンとか作って
ネットで売って、ユーザが楽しむ時代が来るかもしれません

ネオバックヤードビルダーのロゴも作ってみました笑
ABBAみたいでかっこいいでしょ笑
https://www.youtube.com/watch?v=xFrGuyw1V8s

この先、車バイク趣味の世界はどうなっていくんでしょうね~^^)

4 件のコメント:

  1. おはようございます。

    確かに昔からやってしまう人は居ました。

    私のお世話になっているミニショップでも、出入りしていた方がミニのツインカムヘッドを作って305等に持っていきましたね。

    アルミ削り出しで、キャブはGSX-Rの4連を着けていたと記憶しています。
    未だKADとかが出す前でしたので、今考えても凄い事ですね。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは~。

      ミニのツインカムヘッド! すごいですね~。
      OHVのミニにとってはすいぜんの的ですね!

      四連キャブ! さぞや官能的だったことでしょう。
      そういうのが楽しいんですよね^^)

      削除
    2. 因みに「ケルン石塚」でググってみて下さい。実物が小田原の当時の澤地自動車に置いてありましたが、兎に角凄いの一言につきます。

      削除
    3. 「ケルン石塚」さん、見ました。これはすごい!
      どこの世界でも、すごい方っていらっしゃるんですね~。
      ミニもこんな方に支えられて、本望でしょう!

      削除