2010年8月22日日曜日

全てに共通する制動

土曜は神奈川スケート行ってきた
一週間ぶりにスケート靴履いたら痛かった
先週は夏休みで一週間毎日スケート靴履いてたら
足がスケート靴の形になるんですかね
全然痛くなかったけど
今日は靴に入れた瞬間違和感あった

スケート場で笑うのは
甲府の小瀬スポーツ公園行った時とか
一眼レフカメラも持ち込んで置いとくんだけど
炎天下の外出て写真撮ろうとすると
レンズが
ビヤガーデンのジョッキのように
キンキンに冷えてて
レンズが曇って写真撮れねえんだよ(^ ^;)

こりゃレンズも電子回路も
温度変化で大変ですね

朝日新聞によると
125ccバイクの売れ行きが好調らしい
上半期売上5割増
他のクラスは皆減少なのに

ちょうどいいんだろうね
デフレで大きな高いバイク買えないけど
125ccならいけっかなとか

これがもっとデフレ続いて
自転車しか買えんようなったら恐いけど・・

125ccの利点は

・任意保険が安い
 保険上は原付なので
 自動車の任意保険入ってる人なら
 ファミリーバイク特約数千円追加するだけで
 車と同じ保障となる
 車の事故は保険使うと翌年2割増しとかなるけど
 ファミリーバイクで使っても割増はないんだ実は

・燃費がいい
 最新型なら実燃費リッター50kmも夢ではない
 (GTR125のキャブ車で47kmいく時も)

・車検がない
 まあ250cc以下は車検がないので楽

ということで経済的なんですな

難点は新聞にも書いてあったけど
きちっと教習所で免許取ることが必要

今は教習所内容過剰でも
少し教習は受けた方がいいと思うな
車と違ってシートベルトやエアバッグで
体守ってくれる訳じゃないから

個人的に特にやった方がいいと思うのは
「急制動」
いわゆるブレーキング

車との大きな違いは
前後別のブレーキ系統ということです
自分の操作で前後別々にブレーキかける
(まあ自転車と同じだけど)

最近車で標準のABSなんて付いてないから
めちゃんこ踏んで止まればいい訳でもない
そんなことしたらひっくり返って大ケガします

急制動の教習やると
後ろロックさせちゃだめ(減点)
すると考えられない位前ブレーキだけで
止まる感じになるのが分かる
それは勉強した方がいい

少々特異なV-MAX↓
アメリカンバイク上がりでリヤ荷重のくせに
速度は出るので
リヤブレーキにバイクとしては異例の
大型ベンチレーテッドディスクが装着される

制動は重要
スケートでもそう
スケートちょっと滑れるようになると
スピード出したくなるんだよね
でも止まり方が分からない(^ ^;)
こないだも子供がまっすぐ俺に突っ込んできて
思わず支えてあげた

レーシングカートも全く同じ
ちょっと慣れてくると色気出して
スピード出してコーナー突っ込むんだよね
それでちょっとでも車体傾きながら
フルブレーキングしようものなら
あっと言う間にクルッと車体が横向いて
180度向きが変わってスピンする
(直結の場合はそこでエンストしてジ・エンド)
ホイールベースが短いからほんと一瞬なのだ

だいたい初心者は先のコーナーのRを見て
その方向に傾きながらブレーキングする
自動車ならそれでタックインという
車の向きを変える手法にはなるが
カートでそれやると一発でアウツ
フルブレーキングする時は常に正立、垂直に
向きを保ちながら行う
そうするとブレーキロックしても
ロックするだけでスピンはしない

まあ上級者なるとわざと横でかけて滑らすテクも
あるのかもしれないが

上級クラスのサーキットカートを除き
通常のカートは写真の通り
後ろに1個しかブレーキ付いてません↓

前がなくて信じられないかもしれないが
かなりのミッドシップというかリヤ荷重なので
リヤだけでもかなりの勢いで止まります
でもロックしやすいのも事実
(しかも左足ブレーキ^ ^;)
ロックしても重たいケツが左右に振らないよう
真正面を向いてる必要があります

と、偉そうに私も初心者だが(^ ^;)
乗っていい経験になった

0 件のコメント:

コメントを投稿