2009年9月3日木曜日

綺麗事

ドイツにはその名も高きアウトバーンという
速度無制限の道路があるが・・


速く移動するため、とか
皆慣れているから安全、というのは本当は建前で
そんなに馬力出して走っても環境によくないし
スピード出して安全なんてことは有り得ない
と思うんだけどな


でもアウトバーンを否定してしまうと
ポルシェやフェラーリ等の存在意義がなくなってしまい
スポーツカーという欧州の産業を衰退させてしまう
なので速度無制限は存在し続けなればならない
という「必要悪」になってるんじゃないかな
そもそも他の国で速度無制限なんて聞いたことないし


ということでじゃあ日本で乗るZX-12Rであるが・・
はっきり言って公道で
エンジンを回し切ったことなんてない
ほぼ永遠に「慣らし」のままとなる
ま、慣らしでもその辺の車よりは
全然速いんだけどね(^ ^;)
バイクで1,200ccの180PSもあると


ここで一つ一般の人が見ると
面白いデータがあるんだけど
ZX-12Rでそれぞれ回し切ったら
いったい何km/h出るのか?

というのを計算してみた
タイヤの外径とエンジン回転数と
一次減速比、二次減速比、最終減速比が分かれば
計算できるんだ
(スリップ率など入れてないのであくまで理論値)
結果は下記の通り


ZX-12R 2000年初期型 マレーシア仕様


1速: 136.146km/h (11,500rpm)
2速: 183.967km/h (   〃   )
3速: 233.025km/h (   〃   )
4速: 268.445km/h (   〃   )
5速: 296.952km/h (   〃   )
6速: 324.836km/h (   〃   )


つまり回し切っちゃうと
1速でも日本の最高法定速度を
超えてしまうってこと(^ ^;)
そーりゃ回し切らんでしょうよ


たぶん本当はアウトバーンみたいの方が・・
合うんだろうね
この宝の持ちぐされの350km/hスケールメーター(^ ^;)



ま、でもそのパフォーマンスを使い切らなくても
そういうパフォーマンスを有しているバイクに
乗っている、所有している、という満足感だけでも
いいんだけどね

0 件のコメント:

コメントを投稿