2009年10月11日日曜日

インフラ

今日は週課のスケート行った
最近前かがみになって靴の紐きつく締めると
頭の血管切れそう(^ ^;)
やべえやべえ
歳取ると血管も弱くなるんだな
ゴルフの時カップからボール拾う時が
一番血管切れる、というのも分かる気がする

スケート見て最近思ったこと
フィギアの子って絶対音立てないね
(刃を横にスライドしない)
きっと音立てると減点なのだろう

対してホッケーは音がすごい
刃をおもいっきり立てて止まるので
うまい人になるとギャッ!ギョワッ!と
すごい音がして恐い(^ ^;)

ひとくちにスケートといっても
性格が全然違うのだ

例えると(無理矢理)
フィギアは・・
バイクのトライアルレースみたいかな
すごい技を披露しながら
一度のミスが大きく響く

ホッケーは・・
迫力で魅せるので
D1グランプリのような
ブラックマークが付くのも似てる
(氷上がエグれる)

スピードスケートは・・
そのまんまインディのオーバルかな(^ ^;)
ひたすらパワースケーティング
極めると太ももが丸太ん棒みたくなる

車やバイク趣味も
スポーツ感覚で残ってほしいんだけどね

けどボーッと思った
車がすたれたのは
携帯やインターネットのせいとも言われるけど
(娯楽の多様化)
それあっても面白いものなら流行るからな
例えばフットサルとか
なので半分言い訳じみてる

車でスポーツ
ここが問題だが
はっきり本音で言っちゃうと
公道でスポーツカーを楽しむことイコール
それは道交法を破ること、なんだよね
皆そこは腫れ物に触るように
あえて触れないようにしてるけど
多分これに反論できる人はいない気がする

日本の山道40km/hとか
高速100km/h程度の制限速度で
安全に走ろうとすると
はっきりいって軽のワゴンRで十分足りちゃう
今時の軽は優れてるので

道交法を基準にすると
なにも300馬力も400馬力も
日本の公道に必要ないのだ
きつい言い方すると
無駄以外のなにものでもない
言うなれば・・
巨大化し過ぎた恐竜とでも言おうか
新型GTRクラスになると
孤高のティラノザウルスみたいなものか
こいつよく肉食うな~とか
(維持費かかるなとか)

なので道交法内で安全に走ろうとすると
1BOX車で十分というのも分かる
軽が売れるのも理にかなってる
大型バイクの世界じゃゆったり楽しむ
ハーレーが人気あるのもうなづける

今はコンプライアンスも厳しい
若者にスポーツカー乗れ乗れと言っても
一方で峠走って共同危険行為で捕まえてちゃ
マッチポンプみたいだよね

その辺最近の若者は賢いから
察してるのだろう
なので興味を示さない
示してもTVゲームや漫画の世界だけとか

せめて場所位
提供したいところだけどね
CARトップによると今度袖ヶ浦なんとかって
コースできるの?
・・これか↓
へぇ
こういうの作ってから
趣味を普及促進しないと
順序としていけないのかもね
それでだめだったらもう終わりだよ(^ ^;)

福島のエビスサーキットも
こういう面すごい頑張ってるんだけど
いかんせん都心から遠い..

以前大井松田カートランドのイベントで
大人が一生懸命子供にカート教えてたっけ
素朴に、偉いなと思った
俺はいつも口だけなので(^ ^;)

その時の様子↓

0 件のコメント:

コメントを投稿