2017年3月31日金曜日

旧車やネオクラシックを楽しむのに、タイヤの存在も重要

今日も元気にシグナスX通勤

ハンドル切るとひざの上に当たってるのが分かるでしょうか笑
ここでハンドルが止まります

調子こいてUターンするとこういう余裕顔が(-。-)y-~
一気にこういう顔になります(´д`|||) 

あ、シグナスX乗る時も大型バイクと同じ格好です(会社で笑いの的)

今日はタイヤの話

今度往年の名タイヤ

アドバンのタイプDが復活するんだけどね

まだ売ってないんだよ
売ってないのに、もう売ってる店があって、なんでかと思ったら

どうやら10インチ用のワンサイズだけ救済措置で
昔からずーっと売り続けてたらしい笑
http://store.shopping.yahoo.co.jp/fujicorporation/t006632.html

私も30年前、学生の時この車にタイプDの165/70-10履いてました
(これかよ!^^;)
ホンダ・アクティ550というグロス28PSのマシン笑
最高速は原付のシグナスX125より遅いです^^;(90km/h位)

救済措置とは
つまりこのテの車に

10インチのスポーツタイヤが無くなってしまうと、走れなくなってしまうんです

今や10インチタイヤの車などとうの昔に造っていませんが
旧車愛好家のためにタイヤを残してくれているんですね

私が30年前に乗ってたミニも、10インチでした
10インチなのに6.5J!のスピードスターMarkⅠでかなり引っ張ってた笑

実は13インチのスポーツタイヤももう殆ど残ってなくて

AZ-1用の155/60-13タイヤは、ポテンザのRE-01位しか残ってません
(これも救済措置)
(標準は155/65-13。薄くして重心下げてました) 

今や軽自動車もみんな14インチ以上になってしまいましたねえ・・
私はバネ下軽量化にこだわり13インチで行きます笑

こないだO内さんから
「昔のバイクはピレリのファントム履いてた」という話を頂き
ありましたね~ファントム(なつかし~)

そしたらファントムって今でも
ネオクラシックバイク用に作ってるんですね!

トライアンフ・ボンネビルに採用(画像拝借)
https://news.webike.net/2016/03/08/41743/

似合いますね~(画像拝借)

東京モーターサイクルショー2017でも、手前のボンネビルにファントム履いてますね~

あとヤマハの55mph読んで気付いたけど

東京モーターサイクルショー2017のXSR900ネオクラも

ファントム履いてますね~

似合いますね~このバイクにファントム

 旧車やネオクラシックにピッタリです!

実はタイヤの溝のデザインって重要で
旧車にそのまま今のデザインのタイヤ履くと
ちょっと浮いちゃうんですね

今のタイヤのデザインというのは、溝がありませんからね!
(nekochi5さんのNinja H2用タイヤ、ホイール持ち込み交換)

言うなれば・・湯呑でコーラを飲む感じ?笑

まあ旧車のカスタムモデルや走り屋ならともかく

ごく普通に昔の雰囲気を楽しむなら

タイヤのデザインもレトロかな^^)

Back to the 70's

そんな時旧型デザインのタイヤがあると、大変助かりますね

モンキー・ゴリラのタイヤもそうで
これは30年前の写真です
当時ダンロップのTT100GPを履いてました

これは実家でゴリラを17年間放置した時の写真です(2014年)

タイヤのゴムは年月を語りますね・・

当時はTT100GPはハイグリップタイヤでした

当時はRZ250の純正タイヤもTT100でしたね

今となってはデザインも性能も古いですが

30年前のゴリラには、合います

このあと17年放置したゴリラをnekochi5さんにお渡しし

なんとここまできれいに復活してくれました!
nekochi5さんにはお世話になってばかりです

その後ゴリラのタイヤをどうするかですが

なんと今でもTT100GPは売ってるのですね!
http://ridersnavi.com/catalogue/tyre/TT100GP/
30年前のタイヤが、今でも売ってるのですよ

ええTT100GPの新品に履き替えました

硬化してません! 新品のゴムです

旧車の雰囲気のまま、タイヤもリフレッシュできました

タイヤは昔に比べかなり進化しましたね

ガンさんのハコスカGTRアタックでは
https://www.youtube.com/watch?v=Wer2ZSlgAVo
今のタイヤの性能が凄すぎて、ハコスカのハブが曲がってしまうと言ってます

またタイヤには色々な世界があります

本物のレーシングスリックタイヤは、車バイクでは経験無いけど

レーシングカートをやってた時に経験があります

このレース用のタイヤともなると、冷えてる時は
全っったくと言っていいほど、食い付きません

コースインして1周目は、カチカチのプラスチックタイヤを履いてるようです
(即スピン)
街中では絶対使えないコンパウンドです笑

それが周回して温まってくると、今度は鬼のように食い付きます!
ものすごい横Gで曲がっていきます!

この性能の極端な変化は、感動的ですらあります笑
レースの世界はすごいですね

ということで、タイヤだけでもけっこうネタ持つもんですね笑

0 件のコメント:

コメントを投稿