2017年3月17日金曜日

1000ccスポーツネイキッド揃い踏み、Z1000、MT-10、GSX-S1000

今日も元気にシグナスX通勤

今のところ快調です(5.3万km)
あと何km走るでしょう?笑 

最近facebookやり過ぎて通信制限かかるようになった笑
バイクのみならずスマホもリミッターかかるようになった^^;)

最近この歌手の方が気になる
米津幻師さん
https://www.youtube.com/watch?v=lzAyrgSqeeE
声がいいですね

歌の電球のプロモ映像が、東京オートサロンのレクサスみたいでかっこいい

アートですね

こちらの歌の映像も
https://www.youtube.com/watch?v=naJcqMBbAn4

場所はここですね

やっぱりアートなんだなここは

カワサキZ1000の国内仕様が出ましたね!(画像拝借)
http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z1000/

真っ先に詳細スペック調査(出た変態^^;)

それって女性と知り合って、真っ先にスリーサイズ調べるのと一緒だぞ!
(そ、それは変態だ^^;)
えー、Z1000はMT-10やGSX-S1000と比べて
1速の発進がローギヤードで楽チンそうです
トップエンドは3車とも同じ

それではR1、MT-10、Z1000、10R、R1000、GSX-S1000の
スリーサイズじゃなくて大きさのシルエット比較をしてみましょう^^;)
https://youtu.be/XBIwhO8G5x0
ネイキッドはハンドルが高くて乗りやすそうですね

ネイキッドの利点は、シルエットを見ても分かりますが
カウルが無いゆえ、フロントが軽いこと

フロントが軽いと、軽快な走りもできるし

軽いゆえ運転しやすいので、ビギナーの方も安心です

スーパースポーツは逆に前輪荷重を稼いでいるのですけどね

超高速コーナーでフロントの荷重が抜けると曲がらなくなるので、ね

カウルの重さとライディングポジション、風圧のダウンフォースで
前輪荷重をかけます
まあ街乗りツーリングするなら
ネイキッドの軽快の方が楽しいかもしれません

ハンドル周りってちょっとの重さが影響します

ミラーをプラスチックの軽いのにしただけで
ハンドル動かした時の軽快感が違うし

ノーマルミラーは壊れないように結構頑丈で重たいんです^^;)

ハンドリングのAZ-1もそうですね
フロントに重たいエンジン乗っかってないから
コーナーの切り返し早い早い笑

MT-10はさらにヘッドライトがステアマウントでなくフレームマウントなので
(ハンドルを切ってもヘッドライトは向きが変わらない)
ハンドリングが軽快そうですね
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-10/story.html

ということでいい時代になりましたね

1000ccのバイクだって国内仕様が出て
誰でも乗って楽しめるようになったし

昔のGS750や

CB750の、誰でもナナハンが乗れる時代が来たようですね
いや、当時だって750cc以上の大型バイクは
国内での取り扱いが自粛されてました
当時以上に楽しい時代かもしれません

当時はもしかすると2ストの750ccで

通常のナナハン以上の動力性能~リッターバイクキラーを狙ったのかもしれませんね
私達の時代の250cc、400ccのナナハンキラーのように、ね

昨日会話した会社の先輩も
若い頃は免許制度の都合で泣く泣く 

250ccのカタナに乗ってたそうです(あったな~)
当時は小刀とか脇差しとか言われたって^^;)

リターンライダーで戻ってきた先輩は今乗ってるNC750から
当時の憧れ、GSX1100Sカタナに乗り換えようかな?と画策してます笑

思い出のバイクってありますよね
それで楽しむのもいいですね

0 件のコメント:

コメントを投稿