2018年7月7日土曜日

ホンダPCX125のハイブリッドが出ました

金曜は行きも帰りもすごい雨でしたね

そうだ雨の日でもドラレコの映像映るように
カメラのレンズにレインX処理したんだった 

どうだろう、この大雨の中、行きと帰りちゃんと録れたかな?

【レインX施工でかなり見えるようになった映像はこちら↓】
https://youtu.be/w5IBVo1j-Vc

前は雨の日映像ぜんっぜん分からなかったけど笑
これなら何とか大丈夫だね^^)

先週スズキのスウィッシュ125が出て
http://blueskyfuji.blogspot.com/2018/07/swish12517.html
喜んだのも束の間

ホンダからなんとPCX125のハイブリッドが出たね!

こりゃすごいや
http://www.honda.co.jp/PCX/
オルタネーター(発電機)を駆動モーターとして流用する
マイルド・ハイブリッドってやつだね

大きなバイク含めて、初めてかな? 二輪のハイブリッドは

PCXのハイブリッドを初めて見たのは
2017年10月の東京モーターショー2017 

楽しいモンキーやカブの展示と共に

PCXのERECTRIC(電動駆動車)と

PCXのHYBRID(エンジン+モーター)が

展示されてましたね
この頃はまだほんとに出るのかな?と思ってましたね

次に見たのは
2018年3月の東京モーターサイクルショー2018 

CB125R、CB250R、CB1000Rの展示と共に

やはりPCXのEVと、ハイブリッドの展示

つまるところEVより、ハイブリッドを先に出してきましたね
その方が実用的に見ていいかな

出力や燃費、スペックを見ると
マイルドハイブリッドなので燃費やパワーへの貢献は限定的かな

それで価格は通常の約10万円高の43万円
実際買う人は・・限られるかな?

こういうの買っておくと、希少車になったりするんだよね笑

すみません思い出したのは、スズキ・ツインのハイブリッド
https://www.webcartop.jp/2017/10/162809
知ってます?この希少車、すげーほしかったんだけど笑 

当時ハイブリッドと言いつつ
バッテリーは普通の鉛バッテリーを8個連結するという荒技でした笑
ネタとして最高笑

まあでも売れる売れないに関わらず
こういった挑戦で「話題」を作るのも大切ですよ

でないとスクーター王国・台湾のKYMCOが
東京モーターサイクルショー2018ですごかったですからね

 なんだこの近未来的な展示は・・

あ、もうブースが全部電動スクーターのコンセプト展示なんですね

台湾本国の首脳陣の方もお目見えして、これだけ力を入れてます

EVの給電インフラも含めて、壮大な構想です

マシンもバッテリーはカートリッジ式にして

バッテリースポットでサッと交換できるタイプです

もしこれをインフラ含めて普及すると

一気に市場を掌握できます

そこまでの道のりは大変かもしれませんが

あえて挑戦します

KYMCOは既に普通のスクーター技術も

すごいですからね

今や高級スクーターシェアは世界トップクラスです

このラジアルマウントブレーキの質感

このまま日本メーカも指をくわえて見てるだけだと
やられてしまいますね^^;) 

最近のものづくりはコスト、コストで売れないものは作らない面がありましたが
いや売れなくても話題を取るのは大切ですよ

PCXハイブリッド、受注生産らしいので
レンタル819は出そうにないな^^;)残念!笑

0 件のコメント:

コメントを投稿