2018年7月24日火曜日

モンキー125とカブC125はほぼ同じエンジン、カブC125も走りに余裕がありそうです

月曜は暑さすごかったね、朝7時時点で

既に30度超え

会社着く頃には32.4度

こりゃ昼間どうなるんだ?と思ったら

熊谷史上最高気温^^;)

最近もう家の前のガレージ見てても
あまり大型バイク乗る方来ませんからね

ライダーはほんと、熱中症にならないよう気を付けないとね^^;)

夕方仕事で外歩き
トライアンフ港北を通り過ぎ 

ここのバイクのSOXさんが魅力的なアジアンバイクいっぱいあるんだ~
いつもここを通るたびに買ってしまいそうです^^;)

そして帰りも

夜8時頃でまだ31.4度

まだ原付だからエンジンの熱が身体にかからないので助かってます

しぶとく燃費計るよ^^;)137km走って

3.93リッター
燃費リッター35km位だ! 

家着く頃にやっと30度を切った

お、ヤングマシンの最新号来たぞ
定期購読だと発売日にすぐ送ってくれるので世話ないね^^) 

今月号はカブC125読本付き!

あ、この本田宗一郎氏の写真持ってるよ

ホンダコレクションホールの

ここにありました!
ホンダはまさに挑戦の歴史でしたね

そういえば土曜に撮って来たモンキー125の写真に

文字を入れてみた笑
ほんとの広告みたいでしょ
(勝手に作るなーっ^^;)

新型カブC125のエンジンも
スペックを見るとほぼモンキー125のエンジンと同じですね

若干C125カブの方が高回転型なので
グロムとモンキー125の中間位の味付けなんだと思います、C125のエンジンは

モンキー125とカブC125のギヤ比もほぼ同じなので
C125カブも相当ハイギヤードだよ笑

C125カブのミラーは

モンキー125と同じだね^^)

C125カブのエンジンも

ほぼモンキー125のエンジンと同じですね

若干回転マスの重さの設定が違うようです

実は回転の重さを変えるのは簡単で
スクーターいじったことある人なら分かると思うけど 

ウエイトローラーの重さをわずか1.0g変えるだけで(6個で6.0g)

全然別物の回転の重さのマシンになるんだよ
加速の回転数も変わってくるし

シビアなセッティングだと0.5g単位で売ってるんだけど

0.5gって、もう普通の計りじゃ計れない単位ですよ^^;)

それでマシンの走りの性格が変わるんですから

回転物のちょっとした重さの変更というのは、効きます
まあこのウエイトローラーがエンジンの回転数と同じ速度で
高速回転してますからね

なのでモンキーのエンジンも
例えばダイナモのアウターローター等の重さをほんの少し変えれば
別物の回転マスのエンジンになると思いますね 

以前ハラファクトリーさんに私のメッキゴリラのエンジンを
オーバーホールしてもらった時の写真でした!^^)

なのでちょっとグロム125には乗ったことないんだけど^^;)

グロムのライバルのカワサキZ125PROには乗ったことあるんだ
http://blueskyfuji.blogspot.com/2016/04/z125pro8.html

Z125で富士山五合目登ったりもしましたが
(人のバイクで登るのが好きです^^;) 

やっぱスポーツセッティングだから
エンジンの回転やレスポンスは早いよね

エンジンはモンキー系と同じ空冷フラットシングルですが
セッティングがスポーツ志向です

見た目もZ125はかなりスポーティ

モンキー125はクラシック笑

エンジンのセッティングは、回転マス軽い方

回転マス重たい方

あらためてこうやって写真並べてみると

Z125とモンキー125、雰囲気が全然違うんですね笑

Z125の方がスポーティで速そうですが

モンキー125も対象年齢層が幅広く、人気出るんでしょうね^^)

おっと話が脱線しましたが、モンキー125とカブC125は

車体重量とか、エンジンとか、ほぼこの両車同じなので

カブC125もかなり走りに余裕がありそうです!
発売は9月14日か、まだ先だね!^^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿