2018年5月26日土曜日

シグナスX 大黒夜景撮影 コンパクト投光器を使用しました

金曜は大黒ふ頭へシグナスX撮影しにいこう!
会社の帰り、夜な夜な 

今日は昨日買った充電式コンパクト投光器を持っていったぞ
(イチネンミツトモのベルーフCTK-003)

新しくできた生麦ジャンクションはなんと4階建ての道路

あんな上を車が走ってるんだよ

その下で撮影

暗いです

投光器作動!

明る!

明る過ぎるので500ルーメンから180ルーメンまで落としてみました
(ボタン長押しで無段階で落ちる)
この位が自然かな 

あれはニスモ
ニスモは昔東京の大森にありましたが、鶴見へ引っ越してきました

ベイブリッジの下にやってきましたやってきました
いいな投光器 

真っ暗なとこでも撮影できます!

岸の近くまでやってきました

お、あのジムニーのおじさんは

ネコのおまんまです!^^)
ゴロニャーン

投光器あるとどこでも撮影できるな笑

 原付には180ルーメンでいいようです笑

サクサク撮れますね^^)

 照明が大事だったとは、気付きませんでした^^;)

今までは街灯の下とかしか撮れませんでしたからね

大黒の外周は特に暗かった

コンパクト投光器は一度充電すれば6~11時間点灯するので、撮影には十分ですね

 投光器は小柄で携帯するにも便利です

撮影の幅が広がるね~ 

シグナスXがいつもよりかっこよく見えます笑

相変わらず構造体がすごい大黒の立体道路

とは言ってももう約30年前にできた、お古となりました

私がちょうどハタチ位の時にできたんですよね

時が過ぎるのは早いですねえ^^;)

黒い車体で暗いとこは苦手だったけど、こりゃいいや

どこでも撮れます

いざとなりゃ投光器はカメラの三脚穴も付いてるので
光の入射角も調整できそうです

ここは特に暗かったんだよなあ

それでも明るく撮れます

あー今日はサクサク撮れて気持ちよかった^^)


0 件のコメント:

コメントを投稿