2018年5月24日木曜日

グロム、モンキー125改181cc、KTM 200 DUKE、GSX-S125/150、GSX-R125/150、評

雨だね
何でも来いや~ 

今週の燃費は154.8km走って

4.72リッター入って、燃費リッター32.7kmかあ
いまいちだな

まあウエイトローラー重くすりゃ燃費伸びるのは知ってるんですよ
今は軽量ウエイトローラーで高回転加速重視

ほんとスクーターってウエイトローラー1g変えただけで
別物のエンジンになるからね笑
シビアですねエンジンやミッションは

さてグロムやモンキー125を武川4バルブヘッドで181ccボアアップすると
https://young-machine.com/2018/05/03/9647/

ノーマルとは段ちの20数PS出たりとか

エンデュランスの4バルブヘッド170ccでもそうですが
http://www.endurance-parts.com/item/6200.html
グロムやモンキー125のノーマルとは全然走りが変わります

これはどの位のマシンと走りが同じか想定すると

候補に挙がるのが排気量的に
「KTM 200 DUKE」
http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/simpre/simpre-20120621/
(200って今ラインナップから外れたんですね^^;)

DOHC4バルブヘッド、12.5の高圧縮比、
ボア&ストローク:72×49mmのショートストロークエンジンで
26PSを発揮するんですね

まあ高回転のひと伸びはストックでなく
カスタムエンジンの武川、エンデュランスの方が伸びるかもしれませんね

KTM200DUKEの記事を見ても

KTM390DUKEを試乗しても思ったのですが

KTMのセッティングはあくまで「オフ」テイスト 

エンジンは中速パンチに重点を置き
高回転よりも中低速重視 

サスもオフロードマシンテイストでした(しなやか~)

なので181cc改のフィーリングはスズキGSX-S150の方が近いかもしれません
https://www.thaisuzuki.co.th/bikes/gsx-s150/
150cc版は日本で売ってませんが^^;)

並行だと車両25万とか、総額33万円で買えちゃうんだな~(お得^^)
https://www.goobike.com/index.html
19PSを10,500rpmで発揮する高回転型です

さて私125ccの方では国内GSX-S125と
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2017/11/gsx-s1258.html

国内GSX-R125の両方を7時間試乗した
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2018/05/gsx-r125gsx-r7.html
キトクな経験を持ちますが(原付博士目指してるので!^^;)

どう~もこの2台が同じセッティングなのか疑念を持ってるんですね(カタログ値は全く同じだけど^^;)
具体的にはGSX-R125の方がよりピーキーで高回転型だった(気がする^^;)

で、この2台エンジンの仕様とかパーツNoが違うのか?調べようと思いましたが
スズキはほら、パーツNoをWebで公開してないからあきらめてましたが

SUZUKIのインドネシアをよく見ると
https://www.suzuki.co.id/motorcycle/gsx-s150

GSX-S150とGSX-R150の純正パーツNoが公開されてました!
https://www.suzuki.co.id/eparts/preview/14

ということで出力系のパーツNoを調べてみると・・
ヘッドやシリンダー、ピストン、クランクは同じNoかあ
GSX-S150も、GSX-R150も

カムも、バルブも、FIスロットルも、マフラーも同じだね
気のせいなのかなあ、全部同じなのかなあ(そうだそうだ)


ただし違う可能性は残ってました笑
ECUはわざわざGSX-S150と

GSX-R150を別に載せて、型番がちょっと違います
もしかするとFIマップとか、微妙に違うかもしれませんね!
(ほんとか?^^;)

その他国内のGSX-S/R125系との違いを発見したのは
GSX-R150の方は(右の図)、図を見る限りスマートキーになってますね

国内のGSX-R125は普通のキーだったよ、なんでわざわざ変えたんだ笑

あと向こうのGSX-S、GSX-R150はキックペダルも付いてたり
(国内はセルのみ)

笑うのは左の図のGSX-S150を見る限り
シフトチェンジはシーソーペダルになってるよ笑

さすがアジア系ですね~^^)
この調子で原付博士目指すぞ笑

0 件のコメント:

コメントを投稿