2018年4月28日土曜日

Ninja H2の初回車検が無事終わったようです

シグナスXにとって6年目の夏がやってきます
現在6.8万km走行、毎日頑張ってます 

いつも思うのはこのチープなプラスチックのウインカースイッチが
日頃酷使して壊れそうで、結構壊れずにずっと持つんですね笑 

エンジンも常に7千rpmで走ってるようなもんなのに、よく持ちますね

エンジンオイル交換は23回しました笑

丸富オートさんから電話がありました、Ninja H2の車検終わったって^^)
全部で12.9万円と割とリーズナブルで終わったぞ
バッテリー交換、Rブレーキパッド交換、エンジンオイル冴強交換、水、フルード類全交換もやってもらって

バッテリーを純正用意してもらったりするとえらい高いんじゃなかったっけ?笑
やっぱり、27,600円位するよね^^;)
Rブレーキパッドはブレンボなのに意外と安いんだな
ちなみにタイヤを純正で取ってもらうとリヤタイヤ6万円位するのか笑

結果的に、バイクのスーパーチャージャーは、結構持ちますね

ここ3年、Ninja H2のいろんな情報を集めてますが
スーパーチャージャーがトラブった話はほとんど聞きませんもんね

バイク業界の初物にしては、かなり完成度が高かった
熱量や安全性など克服する課題はいっぱいあったと思いますが 

優秀な過給機でした^^)

今回は他社が続いて出てきませんね
過給機付きのマシンが
スズキのハヤブサもターボが騒がれましたが

結果的にあれから3年経っても、まゆのままです^^;)
四輪では軽ターボをあれだけ作ってるスズキでも、です

今の時代、量産してなんぼ、なので
1ロット1万個以上とか
そこに大型バイクの販売台数程度じゃ専用のタービンを外部委託、外部調達できないのかもしれませんね

カワサキは自社でブレードも製作できたから
初年度出荷台数800台程度のNinja H2でもスーパーチャージャーを実現できたかもしれません

フレームや

エンジンも全て自社調達できたから

そんな冒険もできたのかもしれません

過給機付き車の形式認可に対するハードルも高かったですね

昔ホンダのVT250Fターボは形式認可が下りず幻と終わった

思えば、一世代前のターボ車群は、国内の形式認可車は皆無で、全て輸出専用だった
ホンダCX500ターボ 

今にして思えばよく製造単位の少ないタービンを用意できましたね
ヤマハXJ650ターボ 

当時は試作品のような軽い感覚で部品を少量用意できたのかも?しれません
スズキXN85 、もうプロトタイプNoのような車名ですもんね笑

もしくは採算度外視で過給機付き車を実現していたか
結果的に前世代の過給機付き車は皆一代で終わりました 

約30年振りに復活した過給機付き車のNinja H2も、まだ国内の形式認可は取得されませんでしたが(輸出車)

よくよく考えると新型Ninja H2 SXが、国内初の過給機付き二輪車の形式認可、第1号なのかもしれません

これから他社も過給機付き車を普及させるためには
カワサキがブレードを作って、他社にも供給するとよいのかもしれませんね

今は30年前のHY戦争の冷戦時代ではなく、バイクの製造も協業する時代ですから
ホンダ、スズキ、ヤマハの過給機付き車もカワサキが協力する
そんな時代なのかもしれませんね^^)