2018年3月14日水曜日

マットカラーでかっこよかったバイク特集 ディアベル、トリシティ、GSX-S750、125、AEROX155

今朝は気温5.7度、まあまあ寒い
今日は冬装備で出発だなあ

帰りは歯医者さんで歯の定期点検
自分で直せないから専門家に見てもらうのが一番笑 

最近の私の失敗談

通勤ヘルメットはOGKのKAZAMIなんだけど
マットブラックで割とかっこいいでしょう
こないだ地面にコロッと転がった傷を消そうと
水アカ取りワックスでゴシゴシ磨いたら 

そこだけテカテカになってしまいました^^;)

分かる?部分的にテカテカになってるの笑
しかも肝心の傷は消えないし^^;)

マットって磨いちゃだめなんだね~

まあ消耗品のメットだったからまだいいようなものの

Ninja H2 Carbonのマットタンクなんて間違えて磨いちゃった日には
大変なことになるよね^^;)

どうやらマットタンクは部品で13.5万円するようです!
(すみませんtac1211jpさんのカーボン)
銀鏡塗装タンクの14.5万円と同じ位するし、やはり高価です

なんだこれはサンドペーパーでこするとまたマットに戻るのか?
(もうやめとけやめとけ笑)

ということで今日は「マットカラーバイク大賞」を

1位は「ドカティ・ディアベル1200」です!

これはマットカラーが凄みを増しましたね

あえて光を反射しないマットカラー

傷が付いても決してつばを付けてゴシゴシ磨いてはなりません!

ワックスも塗っちゃだめなのかなあ、意外と気を遣うね^^;)

やっぱり手の脂が付くとマットは目立つんだよね

どう扱ったらいいのか分かりませんが^^;)

でもマットはかっこいい

そんな1台でした

続いて、最近は色付きのマットもあるんです
「ヤマハ・トリシティ155」 

マット・ブルーがこれまた美しい

テカり過ぎないところがシブいです

どうなんだろう、ずーっと長い間乗ってると
日常の手入れでだんだんマットが取れていくんだろうか?

まあそれはそれで味が出ていいかもしれませんね

借り物のバイクの時は触るのはやめておきましょう~笑

夜も美しいマットブルーのトリシティ155でした

続いてこれも結構シブかった、全身マットの「スズキGSX-S750」

いやあなんかマットの陰影も、いいですね

多色を使わない黒一色ですが、なんか表現力があります

エンジンからフレームから全部マットで統一

これは鋭いデザインです
レスポンスも超鋭くてエンストしてたけど私(内緒^^;) 

この各部の合わせ目がもうキッチリでゾクゾクッて来ますよね

マットブラック、手入れ大変そうですけど^^;)かっこいいです

まだあるよ笑、「ヤマハ・エアロックス155」!

こちらはマットブラックとマットイエローのコンビネーション

この大胆なカラーデザインがかっこいいですね~

まあ昔から「艶消し黒」というのはありましたが
なんか最近のマットって別世界だよね 

新しい世代、新しい技術の塗装って感じだよね

あえてピカピカに見せないところが極意

これはスクーターでもスポーティに乗りこなせますね!

最後に「スズキGSX-S125」

スズキのマットブラック軍団の末っ子

Ninja H2のスーパーチャージャー1個と同じ位の値段で買えます!笑

でも富士山五合目もけっこう速かったよ!
6速ミッションのすごいやつ 

マットカラーでさらに見た目も頑張ります!

ということでけっこうかっこいいマットカラー
でもやっぱり手入れのしかたがよく分からないなあ^^;)