2018年1月10日水曜日

海外でのユーティリティ・ビークル市場を新型ジムニーのピックアップモデルで

また今年も1年原付通勤の生活が始まりました!

2012年末にシグナスX買ってから丸5年

6.3万km走りました!

実は2.3万kmの時にプラグ交換してから
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2014/11/xse465.html
4万km一度もプラグ交換してません!(ええっ)

エンジン始動性悪いのそれじゃねえの!?^^;)
リチウムイオンバッテリーのせいじゃなくて笑 

いやだって前回プラグキャップ外した時
プラグキャップの中身が出てきちゃったんだもの笑

ちょうど丸富オートの修理ブログにも載ってましたが笑
http://www.marutomiauto.co.jp/100067500
あるよあるよこれ

だから前回プラグキャップ交換した後
いじらない方がいいと思い一度も開けてないもの^^;)

どうだろうさすがにそろそろ交換した方がいいかな?
(はよ交換しろ!)

以前丸富オートの修理ブログに恐い写真載ってたしね(芯抜け^^;)
http://www.marutomiauto.co.jp/100051022
こんなことあるんだ笑

さあ週末に向け忙しくなってきました

木曜は業界団体の新年賀詞交換会

金曜は課の新年会
全員女の子、グフフ

土曜は東京オートサロン2018見学

日曜はKCBM埼玉
って半分以上遊びじゃねえかよ^^;)

さて今朝の朝日新聞の見開き広告に
ドーンとクボタのユーティリティ・ビークルの広告
こりゃまたマイナーな世界の広告かと思いましたが 

よく読むとクボタのユーティリティ・ビークルは
アメリカでトップシェアと書いてある
ほほ~

日本じゃほとんど流行らないユーティリティ・ビークルの世界
http://www.kubota.com.au/products/utility-vehicles/rtv-x900-series/

なんで日本だけ流行らないんだろう?と思いましたが
https://www.youtube.com/watch?v=GbIt0F9HklA
理由が分かりました

日本には軽トラがあるんだ笑
もう農家と言ったら絶対持ってる軽トラ

ではなぜ逆にスズキは軽トラを海外で売らないのでしょう?

ユーティリティ・ビークルだってけっこういい値してます
USドルで$13,345、日本円で150万円近くしてるかな

そしたらどうも軽トラは海外で衝突安全をクリアできず乗れないらしい
https://letitbe-news.net/8898.html

確かに軽トラは前に安全スペースがないもんね

だったらジムニーベースでトラック(ピックアップ)があれば
衝突安全性もクリアできるかな?

こんな感じで^^)
https://www.kosei-factory.com/ジムニーピックアップトラック/

昔ジムニーにも幌などのオープンがありました

今ほら、新型ジムニーが出るって噂されてるじゃん
海外でのユーティリティ・ビークル用に
また幌モデルを出すとよいのでは?

幌車は実は軽くて走破性もいいんですね

いまだに現役でトライアルに使われてます

荷台が付いてるのと同じですよね笑

軽トラより積載能力は落ちますが

まあフロントにエンジンがある衝突安全性と、走破性のために

そんな風に思いました、新型ジムニーの半分軽トラモデル笑

仕事でもマニアにも世界で人気が出そうですけどね^^)

車中泊はできないか笑


0 件のコメント:

コメントを投稿