2017年12月8日金曜日

シグナスXのセルモーター、プリウスの弱点(雪)

個人的に毎朝ドキドキのシグナスXリチウムイオンバッテリー始動

今朝は2.1度まで冷え込みました、どうでしょう!?
結果は、最初からヘッドライトを消して始動すれば
今日はセル一発でエンジンかかりました~

【一発でエンジンかかった映像はこちら↓】
https://youtu.be/gqEJUydlmfw
マニア以外の方はしょーもない映像ですからね~^^;)

幸いにも台湾並行シグナスXは
世界でも珍しいヘッドライトスイッチが今でも付いてますからね笑
これを消してセル回せば
H4バルブの55W分位電力を節約できます
(私のDEPOヘッドライトはH3バルブだったかな笑)

帰りも5.2度の雨で結構冷え込んだけど、セル一発始動
まあこの位なら平気かもしれませんが

電圧弱い時にセル回すと過電流が流れて
セルが焼けるかもとnekochi5さんが教えてくれました!
そうかモーターの消費電力は同じだとすると
電圧低下したぶん電流が多くなるのか~ 

実際シグナスXのかっちんさん
以前リチウムイオンバッテリー仕様でセルが壊れたそうです
こ、これは用心した方がよさそうですね・・

一応セルの仕様を調べてみました

シグナスXの1型用だけど、サービスマニュアル

スターティングモーターの出力は0.3kWと書いてあるから
300Wか、けっこうすごい電力使うんだな^^;)
300Wを12Vで割ると流れる電流は25A
けっこうすごいな~

スターターリレーは最低作動電圧8V以下となってるから
一応8Vまで下がったら遮断するのかな

こちらの方のモーター講座に
焼けたコイルの写真が載ってますね・・↓
https://elec-tech.info/motor-freelec-8/

モーターもエンジンと同じで焼ける時があるんですね~^^;)

2014年2月に横浜で大雪が降った時
(ジムニーは夏タイヤで走り回れます笑)

街中にプリウスのスタック車が

たくさん発生したんですね

これは私もプリウス乗ってたから知ってるんですが

ハイブリッドのモーター(タイヤ)が雪で空回りするとモーターが焼けるため
強制的に動力を落とし、走れなくなってるそうです
モーターにも弱点はあるんですね

ていうかシグナスXのセルモーターでさえ300Wあるんですから
(これかなセルモーターは笑)

電気自動車のモーター電力って、ものすげーんだろうね^^;)

明日はゴルフで朝超早いからはやく寝ておこう^^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿