2017年12月23日土曜日

カワサキ新型Ninja 250/Ninja 400の予想価格帯

今朝は0.5度で、セル2発始動!

リチウムイオンバッテリーの極寒始動も慣れてきました笑

どんなに寒くても通年元気に走ります!

帰りはセル一発

何W食ってるか分からないLEDヘッドライト笑

夜は危ないので光って目立ちます^^;)

カワサキUSAのページが緑色のサンタでいい感じ^^)
https://www.kawasaki.com/

カワサキUSAやカワサキカナダで
もう新型Ninja 400の価格が出てたので

それらの価格をもとに

新型Ninja 400の国内販売価格を探ってみたところ

意外と新型Ninja 400は安く
55~60万円位の日本円価格で出てくるかもしれない

250は400より安いだろうから、250もお手頃価格が想定されます

ホンダCBR250RRの80万円とか、そういう価格帯にはならないんじゃないかな

 それでいて新型Ninja 250の馬力はCBRの38PSを抜き、39PS! 

なんかこういう馬力競争も
1980年代のレーサーレプリカ時代みたいでいいですね^^)
今はほんと人出不足だし、景気も伸びてきました

つい8年前は人余り、就職難でこんな歌がありました
NICO Touches the Walls 『かけら―総べての想いたちへ―』
https://www.youtube.com/watch?v=L3cbMm60VJc
いい歌で、当時の情景をほんとによく表してます

昨年、景気は電気のデジタル波形のように波が来る話をしましたが

あらためて
「電気のオーバーシュートと、景気と、オートバイ」を図にすると

なんだか小説みたいなタイトルですが笑

こんな感じだよね(なにこの図^^;)
今はまた長い周期を経て、好景気の波に来ました

新型Ninja 250はきっと価格はYZF-R25みたく
お手頃な価格で(55万円~)

YZF-R25のライバルとなることが予想されます

後だしジャンケンみたいなとこはありますが

YZF-R25よりコストパフォーマンスに優れそうな気配です

そして性能は高級車CBR250RR(80万円)と同等のパフォーマンスを誇りそう

今月号のヤングマシンで全開比較テストが載ってましたが

CBR250RRとガチで張ります

そして新型Ninja 400の方は
ヤマハのMT-03/YZF-R3がライバルとなるでしょうね

つまるところヤマハの名コンビ
MT-25/MT-03、YZF-R25/YZF-R3の関係をリスペクトして

カワサキも新型Ninja 250/Ninja 400を出したのではないでしょうか

400になるとライバルはKTM390も出てきますね

車重はKTM390の単気筒に肉薄するライトウエイトで
新型Ninja 400は出てきました

2018年は新型Ninja 250/Ninja 400の動向も目が離せませんね^^)


0 件のコメント:

コメントを投稿