2017年10月26日木曜日

旧型Z1でノスタルジーを感じ、新型Z900RSでテクノロジーを感じる

昨日の朝シグナスX洗車したのに
もう雨降ってしまった・・
台風の後はしばらく降らないと思ったんだけどな^^;) 

うーんやっぱりシグナスXの電圧は13.1Vを指してます
(新車の時からいつもこの位)

リチウムイオンバッテリーを付けても大丈夫なのでしょうか?笑

カワサキ新型Z900RSが出た!
https://response.jp/article/2017/10/25/301544.html
こ、これはかっこいい!

このkawasaki motorsの映像が最高だね
https://www.youtube.com/watch?v=uABL88z4JMA
新旧2台持ち!

新旧2台持つと楽しいよお~(出た^^;)

こんなお揃いの写真も撮れちゃうよ!

いまカワサキの古いZ持ってる人は、新しいZも買うしかない!笑

こんな向きも変えて撮っちゃいますから笑

ずっとニヤけてます^^;)

 2台あると楽しみが2倍どころか 

あしたのジョーのトリプルクロスカウンター状態で数倍に跳ね上がる!
https://www.youtube.com/watch?v=6BfjKgLHET0

ガレージも

たくさんあると楽しいよ!^^;)

新型Z900RSのスペックを見ると
http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z900rs/
馬力は111PS

ピュアスポーツのヤマハMT-09と同じ位の馬力を出してます
たのもしい

旧型Z1との違いは
タイヤの大きさ(旧19~18inch、新17inch)
ギヤ段数(旧5速、新6速)
冷却方式(旧空冷、新水冷)
電子制御の有無(トラコン、ABS、FI)
などなど

旧車は旧車で味わいがある

その希少数とレストアの工数で新型以上の価格になる

乗ると30年前にタイムスリップします^^)

ライコランド行くとレンタル819で貸してくれます 

この旧型Z1は貸してる間に売れたんだよ!

ハラ・ファクトリーさんでレストアした極上の車体

148万円

バイクは職人の手で復活し、不死鳥のように動きます

今見てもそのカッコよさは色あせてません

極上の旧車は非常に満足度が高いです

30年前はフロント19インチタイヤは当たり前でしたが
今見ると非常に大きく見えます 

さすがに新型Z900RSは19インチで復活はしませんでしたね^^;)

新、旧バイク、どちらも楽しいです

旧型でノスタルジーを感じ、新型でテクノロジーを感じます^^)

30年後の今乗っても、非常によく走ると感心します

当時のメーカの真剣な造りが伺えます

写真はスズキのGT750ですが、年代は旧型Z1と一緒です

当時はこのGT750、そして旧型Z1が、最新型として走っていたのでしょう

最新のEV給電施設と、30年前のレトロ車体、対照的です

今も変わらぬきれいなエンジンを見ると、ゾクゾクッとします

THE ART OF MECHINE

さて新型Z900RSは「水冷の900cc」となりますが
何かを思い出しませんか?

そうそれは

30年前の名車中の名車

GPZ900R Ninja
水冷900ccのそれは当時圧倒的なパフォーマンスを誇りました
当時GPZ900Rが115PS、最新のZ900RSが111PS

新型Z900RSは、往年のGPZ900Rの血も受け継いだでしょうか

Z1と900Ninjaの血を受け継いだ新型Z900RSは

大人気必至です!

こうなったら真の通は第2世代のゼファーも買って

Z1、ゼファー、新型Z900RSの3台体制でしょうか!?
そこまでやったらバイク人生に悔いはないだろうな笑

人生思ったより短いです^^;)
いくしかありません!

0 件のコメント:

コメントを投稿