2017年10月24日火曜日

大型スクーター戦国時代の予感 ヤマハTMAX530、ホンダX-ADV、キムコAK550、カワサキJ550?

月曜はまだ台風圏内のためジムニーで出勤

お、都筑ふれあいの丘駅近くに
ものすげーでっかなMINIのディーラー作ってるよ

さすがMINI人気ありますね~
(写真は東京モーターショー2013の)

外の駐車場に駐車、1日1200円

帰りは遅くなりました(ちと忙しい)

本日発売のヤングマガジン

お、見開きに東京モーターショーの広告、頑張ってるよ

しげの秀一先生の新しい車マンガは(MFゴースト)

新型86で速いみたいだよ!
これでスーパーカー達を斬りまくるかあ!?

どうもバイク雑誌によると(ヤングマシン)

キムコの新しい大型スクーター、AK550がすごいらしい

いやもうDOHC4バルブにアルミフレーム、倒立サス、
ブレンボラジアルマウントなどの豪華装備

MrバイクBGでも

細かくインプレッションが記載
完全にヤマハTMAX530を射程圏内に収めました

前にも書いたけど大型スクーターは欧州で人気が高く
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2017/04/blog-post_20.html
(ヤマハXMAX300、TMAX530)
各社力を入れてます

ヤマハの資料でTMAX500に至る経緯が克明に載ってますね
ヤマハ・ビッグスクーター史


ホンダも新型X-ADV750を出してきました

新型X-ADVは試乗もしましたが
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2017/07/x-adv7.html

もうおっさんの乗り物じゃありません、かっこいいし

大型ツアラー顔負けの安定性です

マフラーもカチ上げでスポーティだし

人気出るのもうなづけます

走りも750ccあるので一枚上手です

この大型スクーターの世界に
台湾のスクーター王者、キムコが参入します

AK550という最新型をひっさげて
http://www.kymcojp.com/ak550.html

振り返れば東京モーターサイクルショー2016の時に
キムコはAK550のコンセプトモデルを展示してました
まだK50コンセプトって書いてありますね

デザインがもうサイドマウントサスとか
AK550の原型となってます

そこに展示されてたエンジンのカットモデル

2気筒の

ツインカムヘッドです
誰も注目してませんでしたが、私だけ食い付いてました笑

完全オリジナルのエンジンでしょうか、技術力がすごいですね

キムコはスクーターに特化して、一大スクーターメーカとなりました

OEM供給もしてます

カワサキのJ125、J300が元はキムコのスクーターです
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2015/12/j125.html

日本のメーカが採用しても恥ずかしくない品質となりました
昔は日本の原付スクーター製造の下請けでしたが
今や逆転しましたね^^;)

現在は1台湾ドルが4円近くもするので
日本に持ってきて売るのは不利ですが

もしかするとキムコはマレーシアに技術提携工場があるそうなので
http://www.kymco.com/worldwide/

マレーシアのリンギットなら今かなり安いので
マレーシアから直接持ってきてるのかも?しれませんね

AK550のアルミフレーム

50対50の重量配分!

ブレンボラジアルマウント!

ドゥカティのようなサイドマウントサス

そしてエンジンは先程のモーターショー展示のエンジンと
やっぱり同じですよ
このキムコの素晴らしいAK550は 

カワサキもOEMで採用するかも??しれません
(画像はJ300)
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/mcy/street/17_sc300c.html

採用されたらカワサキもついに550ccの大型スクーターをラインナップです

J550という名称になるのでしょうか?
もしそうなったら
スクーター戦国時代がやってきそうですね^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿