2017年3月14日火曜日

スズキGT750 試乗後記

昨日8時間レンタル試乗した74年式スズキGT750
走り出せば2スト750の怒涛のトルク発進!

あのカワサキダブワンのキャブトンマフラーも真っ青の発進加速です

ダブワンのズドドッ!!て言う発進パルスもいいですよね~

GT750のその強大トルク値は

2ストゆえ7.7kg-m(画像拝借)
http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/smeisya/smeisya-08/

これは当時一番人気の4ストCB750K0と比べても

CB750は最大トルク6.1kg-m(画像拝借)
http://www.autoby.jp/_ct/17046407
格段に違います

GT750の7.7kg-mという数値は
むしろZ1の900に近いです!(7.5kg-m)

GT750は900ccキラーだったかもしれませんね笑(画像拝借)
http://www.goobike.com/learn/bike_issue/toku184/01.html

まあ最高速は
4ストできれいに伸びるCB750の方が速かったんじゃないかな~


 きちんとバルブ、カムがある方が有利です

2ストはピストンスカートも長いゆえ(吸排気バルブも兼ねてるので笑)
ピストンも重く高回転は大抵苦手です

全部がそうってわけでなくて2ストでも
レーシングエンジンのカートはよく回りました
(以前ちょっとカートやってました^^;) 

ヤマハのKTでなく
台湾の高出力なPRDというエンジン(2スト100cc)を積んでましたが
2ストでもなんと16,000rpm!回りました 

武川の4stモンキー用フルチューンヘッドの許容回転数が12,000rpm
ということを考えれば、2ストで16,000rpmはすごいんです

直結エンジンで一気に100km/h前後まで加速します
(友人のカート)

余談が長くなりましたが、CB750FourとGT750は名車のライバルですね

以前BMW R1200RS乗りのA池さんから頂いた貴重なミニチュア

どちらも40年前のバイクです

GT750でいいなと思ったのは
さすがに750ccもあるゆえ、高速道路の移動も余裕のよっちゃんだったこと

RZ350乗ってた時はナナハンキラーと言えど
やっぱり高速行くと小排気量ゆえきつかったんだよね~
瞬間芸はともかく定常的な体力は4ストナナハンの方が上でした

そしてGT750がすごかったのは
水温計が最適温度のままピクリとも動かなかったこと

超安定

むしろ最近の大型バイクの方が
しょっちゅう上がったり下がったりしてるよね笑

このラジエターはほんとよくできてました

GT750の弱い点は「燃費の悪さ」
まあ2スト750ゆえしかたありませんが笑
試乗ではリッター11~12kmの燃費でした

同じコースを私がNinja H2で走るときっとリッター15~16km位の燃費

ZX-12Rだとリッター16km

V-MAX1200だとリッター17km、といったところでしょう
それに比べたらGT750の燃費は悪いですが

まあ若い頃2ストのRZ350乗ってた時は
街乗りでリッター12~13km位
ツーリングはリッター15km以上ビタ一文いかなかったし

RZ350Rにいたっては
街乗りリッター9km!(ひとケタ笑)
という私のバイク史上最悪の燃費でした^^;)
このバイクメインジェットが標準で240番のためそのせいと思いますが・・
(初期型RZ350は180番位だったかな)

そんな350ccのマシンよりGT750は燃費いいので
立派なもんですよ

2ストのトルクフルなエンジンは車だって動かせるし
(フロンテ・クーペ、水冷2スト360cc)

フロンテ800という2ストの車もあったようですね
http://b-cles.jp/car/meisha/suzuki_fronte800.html

あー私も昨年スズキ歴史館行った時にフロンテ800撮ってました笑

ごめんなさいこの時はあまり興味を持ってませんでした^^;)

あっGT750の前身の2ストT500も写真撮ってました笑
ごめん覚えてませんでした

GT750はしっかりヤル気マンマンで撮ってました笑

 こちらの写真も2ストの3気筒用エンジンですが

昨日みんなで「このCCIって何だろう?」と言ってましたが

ここに書いてありました
2ストの分離給油のCylinder Crankshaft Injectionの略らしい
このマスコットはCCI坊やだって笑
ヤン坊マー坊の友達かな?^^)

フロント19インチタイヤの迫力もいいですね
最近めっきり少なくなりました

当時GT750に不幸が訪れたのはきっと

世界的なオイルショック事件でしょう(1973年)
これで燃費の悪い2ストローク大排気量勢は一気に冷や水をあびました

オイルショックはあのケンメリGTRも生産中止に追い込みました
オイルショックが来なかったら2ストの未来は変わっていたかもしれません

もともと2ストは技術者から見たら嫌われていた部分もあります
(ポップヨシムラの2ストに対する言葉がすごい^^;)
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2016/02/blog-post_3.html
いずれにせよ2ストロークバイクは悲運をたどり絶滅しました

いま、2ストロークの750ccという市販バイクは
世界でこのGT750とマッハ750SSの2台しか存在しません
40年前の・・

そんな貴重な2スト750ccに乗ることができてよかったです

昔、バイク乗りには2スト派と4スト派がいたとさ

誰も覚えちゃいない、遠い昔の話さ
絶滅したLPレコードのような淡い存在、GT750でした!

0 件のコメント:

コメントを投稿