2017年1月13日金曜日

スズキの新型GSX250Rは、モタード・テイスト?

正月に交換したシグナスXのブレーキローターは
だんだん当たりが出てきました 

ミッション系や各部も久しぶりメンテして、調子いいです

目指せ原付10万km

さて新型GSX250Rのスペックが公開されたので(写真拝借)
http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsx250rl7/spec

さっそく得意のギヤ比君でライバルのヤマハYZF-R25と
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2014/12/yzf-r255.html

GSX250Rのギヤ比を比較してみましょう~(写真拝借)
http://www.autoby.jp/_ct/17024792

ギヤ比君で自動計算

ちなみに
【YZF-R25のスペック】
 ・DOHC 4バルブ
 ・最高出力 36PS/12,000rpm
 ・最大トルク 2.3kg/10,000rpm
 ・内径×行程 68.0mm×44.1mm

【GSX250Rのスペック】
 ・SOHC 2バルブ
 ・最高出力 24PS/8,000rpm
 ・最大トルク 2.2kg/6,500rpm
 ・内径×行程 53.5mm×55.2mm

これだけ出力、回転数や内径×行程が違います

GSX250Rは内径よりも行程の方が長いという
車みたいな超ロングストロークエンジンです
中低速トルクに期待できる

YZF-R25の各ギヤをレッドゾーン手前、14,000rpmまで引っ張ったものと

GSX250Rの各ギヤをレッドゾーン手前、10,500rpmまで引っ張ったグラフは
(写真拝借)http://www.autoby.jp/_ct/17024792

こちら↓
かなり差がありますね・・
GSX250Rはストリートバイクと割り切ってます 

ちなみにYZF-R25の方を
GSX250Rと同じ10,500rpmでシフトアップしたとすると
このグラフの緑色の線になるわけですが
10,500rpmに合わせるとギヤ比はほとんど同じです

あとはエンジンが14,000rpm回るか、回らないかの違いですね笑

GSX250Rの「SOHC 2バルブ」という古風なエンジンは
今やそのエンジンのスポーツバイクを探す方が難しいというか

30年前のザリでもDOHCです笑(写真拝借)
http://bike-lineage.jpn.org/suzuki/gsr250/gsx250e.html
それより古風なエンジン

もう少し前のZ250FTまでさかのぼると、SOHC 2バルブです笑
写真拝借
そのZ250FTの方が
 ・27PS/10,500rpm
 ・2.1kg/8,000rpm
と、GSX250Rより高回転型でパワーが出てます笑

実はGSX250Rの
 ・24PS/8,000rpm
 ・2.2kg/6,500rpm
という中低速向きの出力スペックは、他のロードスポーツバイクよりも
単気筒のモタード系のバイクの出力に似てます

カワサキD-TRAKER(写真拝借)
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/mcy/street/17_klx250v.html
 ・24PS/9,000rpm
 ・2.1kg/7,000rpm
DOHC 4バルブだけど笑

D-TRAKERの10,500rpmシフトのギヤ比をグラフに追加すると
写真拝借

こんな感じ(紫色の線)
それよりある意味GSX250Rの3~6速のギヤはクロスしてますね
加速はいいかも

ということで新型GSX250Rの乗り味は、スポーツバイクで言うと
モタード系のテイストをくんだロードスポーツの可能性があります

コーナーの立ち上がりとか中低速トルクでビシバシ立ち上がる楽しさ
(6,500rpmで最大トルク発生)

それはそれで爽快かもしれませんね

私も以前そのテのバイクに乗ってました
2ストCRM250R(1993)モタードタイヤ改

他社の250ロードスポーツとは違う道を行ったGSX250Rにちょっと期待です!

0 件のコメント:

コメントを投稿