2016年12月14日水曜日

30年前の車バイクメーカの地位と、現代の車バイクメーカの地位の違い

冬で最悪なのは、寒い上に、雨の日・・

それでもカッパ着てバイク通勤します!
寒さに強いので風邪はあまりひきません!
(ほんとか~?)

さて30年前の車バイク業界と、今の車バイク業界が違うのは

30年前は、エンジンが主役だったかもしれませんが
(これはもっと昔か)

車もエンジンが主役でしたが
(トヨタ2000GTのエンジン)

今もまだエンジンが主役かもしれませんが
(NMAX125とかのエンジンかな)

今後はもしかすると、「心臓」よりも

「神経」、ニューラル・ネットワークの

6軸ジャイロセンサーが主役の座を奪うかもしれません

車両を自由自在にコントロールする

優れたセンサーモジュールを作っているのは、部品メーカのBOSCH(ボッシュ)
さらにセンサーを利用した自動運転などが控えてます

そう、30年前は車バイクメーカの地位を脅かす存在などいませんでしたが
今や部品メーカやIT企業
(Google、Apple、Microsoft・・)が
センサーや自動運転技術で、車バイクメーカの地位を脅かしつつあります

売上規模的に見ても
もはや部品メーカやIT企業が車バイクメーカを買収してもおかしくない
大小関係になってます
(グラフつくったよ~)
結局電気の世界は
パソコンも廃れ、家電も下火になり
スマホビジネスもノキアやブラックベリーを見ると浮き沈みが激しい

そうなると安泰でおいしい市場は車バイク業界なんです
狙ってます

車バイク趣味の世界はIT娯楽の台頭で廃れると思いましたが
逆にITを活用して車バイク趣味が強くなっているように見えます

なぜなら車バイクは活動的ゆえ面白い事象や映像が多く
見てて面白いです

うほ~面白え~この映像、水の上を車が走ってる!
https://www.youtube.com/watch?v=Uba84Q6qwKM
見て面白いと思ったものは、ファンが増えます 

すげ~フェラーリよりスノーモビルの方が速いよ!
https://www.youtube.com/watch?v=H3Ragxvt-mU
(車バイクメーカがほっといても)ユーザが自主的に面白い映像を載せます!
勝手に盛り上がる! 

うわっこんな小汚いビートルの方が速いよ笑
https://www.youtube.com/watch?v=K4_79-xofwI

すっげーニトロドラッグマシン
実は車バイク趣味はITとマッチしやすかったんですね 

ド、ド、ド迫力!! ジェットマシン!
30年前は車バイク(の映像)でこんな楽しみ方はありませんでした

私もジェットマシンを観に行ったことがありますが
もう音じゃなくて衝撃波でした笑
http://www.blueskyfuji.jp/_userdata/P1010469.wmv
富士のストレートが焦げてるって!

この人たちかわいそう~っ(これからジェットが来ます笑)

シュゴァアアアーーーッ!!

あとは車バイクは電化製品と違って
「ノスタルジー」という楽しみ方ができます
今でも街中で使えます

私も最近懐かしんでばかりですよ・・
30年前、ハタチの頃乗ってたメッキゴリラを復活しました

14年間乗っていた過去の車を、また買おうとしてます

考えてみりゃインフラもレトロです
ベイブリッジは1990年、26年前の頃から走ってました
これからも懐かしんで走るでしょう

そんな楽しみ方で魅力的な車バイクの世界
果たして今後もこのままこの世界は続くのか

それとも皆IT企業がこの世界の実権を握るのか・・?
今後30年はどうなるんでしょうね

0 件のコメント:

コメントを投稿