2016年11月7日月曜日

Ninja H2オーナーの皆さんの顔

日曜はしばしバイクを降りて運動しておきました笑

横浜銀行アイスアリーナへ行って

フィギュアスケートサンデー教室

今日は前の時間にこども会の貸切で大人気

スケート場の特殊車両、製氷車です笑
今日も色々な基本テクニックを学びました

昼に歯医者行って、シグナスX洗車して、昼寝して

夜は今度はゴルフ練習です
最近ちょっと運動怠ると身体の衰えが早くて・・
歳ですね

昨日クシタニコーヒーブレイクミーティングin浜松
Ninja H2の皆さんとお会いしましたが
Ninja H2乗りの皆さんのお話を聞く度に、いつもすごい方達なんです 

今まで乗ってきたバイクの車歴はもとより
現在も14Rや12Rも別にお持ちだったりとか

Ninja H2に対する思い入れ

レースに参戦して頑張ったり、若くして一念発起してNinja H2を購入したり

何回も何回もライテクのトレーニングをずっと続けたり
非常に前向きで熱心な方が多いです、Ninja H2乗りの方は、ほんとに

私の中途半端な気持ちが恥ずかしい位です汗

あとは昨日のヤマハ歴史車両デモ走行会ですが
会場の外も中も大人気で

とにかくバイク好きの方がこんなにたくさん!

半ばお忍びの公開なのに、多くの方が見学に来ました

どうやら8年振りの開催だったようですが
http://response.jp/article/2016/11/05/284892.html

この人の数を見て、バイク趣味の世界は安泰だなと思いました

バイクの新車販売台数は少ないとはいえ(年間約12万台。126cc以上)
保有台数も126cc以上で計約360万台と
四輪の保有台数約6千万台に比べたら大変少ないですが

バイクの126cc以上というのは趣味性が高く
この360万台はほぼ趣味で乗ってると言えるかな

(写真はもてぎホンダ走行確認テスト)
360万人が乗ってるとすると
日本の人口1.2億人のうちの約3%がバイク趣味の人

二輪免許の取得人口などを見ても
やはり3~5%が固定的なバイク趣味人口と言えるかな
(なんとかブームの時などの浮動票を除く)
(写真はヤマハ・コレクションホール)

比率は3~5%と少なくても
実数は360~600万人いらっしゃるわけだから
よくよく考えればそれは大きな人数でしょう

無数にある世間の趣味の中で5%獲得できれば大したものでしょう

Ninja H2が日本で大々的にお披露目した日も
(2015年3月、東京モーターサイクルショー)

この人の数

大人気でした

意外と女性受けがいいNinja H2笑

強烈な個性のデザインでしたが、ハートを射止めたようです笑
女性票はバイク趣味を大きくする上で大事ですね

ともあれ
Ninja H2乗りの皆さんは生涯バイク乗りとなることでしょう

2 件のコメント:

  1. いつも楽しく拝見させて頂いております。当方、北関東のH2乗りです。owners clubの受付・申し込み先を探しています。ご教授願えれば幸いです。

    返信削除
    返信
    1. いつも読んで頂きありがとうございます。

      owners club受付の件、了解いたしました。
      北関東でしたら一度どこかで私と直接お会いして
      会則と入会書をお渡しして、記入して頂く形になります~。

      私は横浜になりますので、どこか中間地点などで
      お時間のある時にお会いできれば幸いです。
      細かいお話は私のPCのメールアドレスまで頂ければ~↓
      ohno.az1.zx12r.life@opal.dti.ne.jp

      宜しくお願いいたします。

      削除