2016年10月15日土曜日

10年ひと昔、のバイクとカメラ

今日は勤め先のみなとみらいイベントの帰りに
2りんかんの山下店へ
レーシングブーツを見に来たけど
残念、小さな店なのでレーシングブーツは無かった 

代わりにグローブとシグナスXのウエイトローラー買いました
この9.5gという半端な重さの

なかなか売ってません
計りでも単位がありません笑
本場台湾製のウエイトローラーじゃないと
0.5g単位は無いかな

初めて異形のドクタープーリーのウエイトローラーです

ほんとはウエイトローラーは

真円型だけど

実際開けてみると

転がらずに段減りするから、異形でもいいんです笑

今入れてるこの台湾KOSOのウエイトローラーが
ベストセッティングで、ん?

しまった9.5gじゃなくて10.5gだよ!
間違えて買ってしまった~

10.0gと11.0gの中間にしてましたが
(ゼロ発進加速時のエンジン回転数)
やばい9.5gじゃもっとビンビンの高回転型になってしまう笑
もう一度10.5gを買ってきましょう~

やっと先日買った一眼レフカメラ、ニコンD750を箱から出しました
今まで使ってたニコンD80(APS-C機)と
最軽量のシグマ18-200mmレンズと比べると
D750(フルサイズ機)と24-120mmレンズはでけー! 

ギリギリ今まで使ってた
ウエストポーチタイプのバッグに入るようです

しかし重たい・・ウエストポーチタイプの限界かも
これで明日ゴリラに乗ったら
傾いたまま走りそう笑 

今まで使ってたアングルスコープも付くけど
(ローアングル撮影用)
今度はライブビューでバリアングルモニターが付いてるから
もうスコープは使わなくても大丈夫なのかな?

D80(2006年購入)から10年
カメラも10年でだいぶ進化しました

バイクも10年経つと、けっこう進化するよね

およそ10年単位でバイクを見てみましょうか

まず1970年弱くらいのバイク(1968年)
ホンダドリームCB250、かなり昔風ですよね 

まだフロントブレーキが
メカニカルなドラムブレーキだった時代です
(今見ると逆にかっこいいな笑) 

それが約10年経つと
1979年、CBX1000、ここまでバイクは変わりました

そこからさらに約10年経つと
1988年、バイクはレーシングマシンか!?
みたいなバイクが街を走るようになります
'88NSR250R、馬力も超~出てました

そこから約10年、1999年頃には
実測300K出るマシンが世に出ます(GSX1300Rハヤブサ)

そこから2010年頃を経て
今は純正で過給機付きのスーパーバイクがあります(Ninja H2)

バイクも性能に慣らしていくように
これから新しいカメラで撮り方に慣れていきます笑

0 件のコメント:

コメントを投稿