2016年9月10日土曜日

最強ツーリング、時々サーキットに最適なヤマハ新型MT-10

今朝、あ、スパイダーだ(3輪の)
一度乗ってみたいなあ 

シグナスXは50歳にしてエナメルシートですが笑

汚れなくていい

3型って泥よけが細くて
雨の日に泥がシートの上まで跳ね上がって
ノーマルのシート表皮だと汚れがこびりつく

ちなみにNinja H2もフェンダーレスでもないのに
泥跳ねすごいです・・
雨の日は背中の防水リュックが泥で汚れるから
けっこう跳ね上げてます

先日、日本の景気は今後安定するって書いたけど
(外れたら大笑い)

景気は電子回路の波形に似ている(は?)

ほんとはデジタル波形は0と1の矩形になるはずですが

エレクトロニック・サーキット(電子回路)は
高速になればなるほど、行き過ぎてオーバーシュートします

まるで私が無理して飛ばしたサーキットのように(あ~あ笑)

その回路のオーバーシュート部分を景気の波と仮定すると
なるほど安定していきます笑

なので何が言いたいかというと
安心してバイクの新型やパーツ出して下さい!
景気が安定するので今後バイクも売れます
(ほんとかよ笑)

おお~ついにヨシムラもNinja H2用R11スリップオンを出します!
http://shop.yoshimura-jp.com/syouhin/syousai.php?id=17766

2016年3月の東京モーターサイクルショーで
姿を現したNinja H2用ヨシムラスリップオン

Ninja H2に似合うね~

人気出てたくさん売れることでしょう

トリックスターは
Ninja H2のブリッピング付きECU登場!
https://www.trickstar.jp/webshopping/products/detail.php?product_id=673
すげー、クラッチ握らずシフトダウンしてます!

先日試乗したMVアグスタブルターレ800にも

シフトダウンに対応したオートシフターが付いてましたが

たぶんブリッピングは当ててなかったなあ
(高回転で試さなかったので不明ですが)
ダーン、ダーンとそのままギヤが落ちるだけ

バイクもどんどん進化していきます

リリカにはヤマハの新型MT-10が入荷したようです!
http://www.lirica.co.jp/arrival/2393.html

私は新型MT-10のRay of Darknessに
https://www.yamaha-motor.eu/eu/products/motorcycles/hyper-naked/mt-10.aspx

共感してます笑

MT-10のストリートイメージ

The Dark Side of Japan !

The Darkness City

Midnight Japan !

All Night Neon
Old Night !

MT-10は最強ネイキッドの呼び声が高い

心臓や車体はあのYZF-R1譲り!
オプションのスクリーンを付ければ

サーキットも余裕でしょう

ドカティ・モンスターのようにサーキットが似合うでしょう

得意のディメンションを比較してみましょう
Ninja H2を基準とし 

新型MT-10
MT-10はNinja H2より5cm位ホイールベースが短い
クイックな車体だ

またハンドルは上がれど
ステップの位置はほぼNinja H2と同等
これはサーキットフルバンクできます 

MT-10の最大のライバル、スズキGSX-S1000とも比べてみましょう
GSX-S1000のホイールベースはNinja H2と同等
こちらもステップは割とレーシーな位置にあります

GSX-S1000と、MT-10との最大の違いは?
それは
GSX-S1000は国内仕様で180Kリミッター付き
MT-10は海外仕様でリミッター無し の点に尽きると思います

もし富士のストレートを走るなら、MT-10

ストリートに徹するなら、GSX-S1000

またGSX-S1000はコストパフォーマンスに大変優れるので
MT-10の価格はGSX-S1000 + Z125 1台分位の価格差が出そうです

富士で250Kは出るであろうMT-10にするか
Z125と2台体制で楽しむGSX-S1000にするか
迷いますね笑

0 件のコメント:

コメントを投稿