2016年6月10日金曜日

私の記憶に残るスズキの名車たち

梅雨の季節
今日はぎりぎり雨を回避

車バイクで知り合った方に
そのものずばり年齢を聞かなくても
話を聞いてるとだいたい分かる時があります

「若い頃、原付ノーヘルで乗ってた?」
「お~ノーヘルだったなあ」と言えば
だいたい私と同じ年齢です笑
(昔は法律的にノーヘルでOKでした)

「若い頃、軽自動車は550ccだった?」
「乗ってた乗ってた、550ccの軽」と言えば
同じ世代です笑

もっと上の世代の方は、360ccです!

「若い頃鈴鹿8耐観に行って、TECH21カラーだった」と言えば
私と同じ時代です笑

1985年頃のことですねえ、もう30年前かあ・・
https://www.youtube.com/watch?v=OjrhLGFXgaI

そんな30年前の世代が、いま喜ぶ時代になってます

若い頃乗ってたAZ-1をほうふつとさせるような

ホンダS660の登場

コーナリングマシンなんて言葉は久々に聞いた

その価格なんと289万円!
軽自動車で諸費込み300万円!

そこまで来ましたか・・

でもよく考えたら私のジムニーコンプリートカーも
今や300万円くらいかかってるし笑

最近ワイルドグースのコンプリートカーは
推定400万円級も出てます!
そう考えるとS660無限の289万円は決して高くない笑

その他、30年前のアルトワークスの再来のような

新型アルトワークスの登場

つまるところ我々80年代のバイク世代は
レーサーレプリカも経験したから

今でもこんなバイクに乗れるんですね

まさにいま我々の世代、花ざかりです!
(花さかじいさんじゃないよ)

最近ちょっと寂しいのは
スズキが燃費偽装問題でへこたれてること

思えば2012年頃、スズキがエコ・アルトを出した時
確か30リッタータンクの中に仕切り板を付けて20リッターしか入らなくしてまで
カタログ値の燃費をコンマ1km稼いだ時には
(車両重量を10kg軽くした)

そこまでして(使い勝手悪くして)不毛な燃費競争するか、と
正直あきれたものでした

そのしっぺがえしが来たような感じでもあります

まあスズキは過去にもいいバイクを作ってるので
バイクでばん回してもらいましょう!

私の16歳の頃の最初のバイクは実はスズキのマメタン50でした
これと同じ
https://www.youtube.com/watch?v=GE27tF2qCqM
友人から5千円で買ってすぐ
他の友人にちょっと貸したら
一停無視の車の横っ腹におもいっきり突っ込みました

友人はひん死の重傷を負いましたが、奇跡的に助かりました
全身の骨とアゴが砕けましたが、頭だけどうにか平気でした
(ノーヘル・・)
マメタンはもちろんクシャクシャです

この時から私は安全運転になりました

スズキの名車はこのRG250ガンマ!
初めてフルカウルで運輸省の形式認可を取った記念すべきバイク
(それまでフルカウルは禁止でした)

4気筒400は出遅れたスズキでしたが
ばん回を図ったスズキはなんと
ヨシムラのOEM集合を身に付けたGSX400FSインパルスを世に送り出します
当時集合を付けた純正バイクなど皆無だった
シングルシート風のシート形状と相まって
それはセンセーショナルでした

その他スズキの名車と言えば、カタナ!
外国人の有名デザイナーを起用した国産初?のバイク
バイクマンガの名作「キリン」のモデルバイクになりました

そして怪物のGSX1300Rハヤブサ!
ハヤブサが実測300km/hの壁を超えた時は衝撃的でした

さらに狂気のGhost Riderがこよなく愛したGSX-R1000
https://www.youtube.com/watch?v=KwicTKbWam4

正直私は2003年にこのGhost RiderのDVDを観て
「スーパースポーツのバイクって、こんなすごい走りができるのか!」
(注:マネしちゃだめですよ~)

その足でV-MAXからZX-12R初期型の中古に乗り換えました
(スズキじゃないんだ笑)
(いや実は12R初期型の方が乗りづらくて安かった笑)
確かに、すごいパフォーマンスでした

そして最近では
ツーリングスポーツのGSX-S1000がいい感じ
このツンととんがった尻に惚れた
スーパースポーツに最も近いツーリングバイクです

そして最強の新型GSX-R1000の登場も控えてます

スズキの二輪事業は実は赤字続きなんだけど
四輪もいま叩かれてまずいんだけど
また盛り返してほしいですね
頑張れ日本のバイク

2 件のコメント:

  1. マメタン来た~!ファイヤーパターンのタンクやシーシーバーが純正オプションでありましたね~。EPO、VANVANなどもありました。
    一時期、モトクロスではRMで黄色い軍団が上位を占める時代もありました。
    単独の自動車会社の経営は非常に厳しい時代ですね。スズキ、ホンダのみになってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. あ、同じ世代ですね笑
      ファイヤーパターンのオプションタンクなんてあったんだ笑
      さすが静岡のkumarangerさん、スズキもおひざ元ですね。
      スズキは今モトGPせっかく調子いいのに、
      来年撤退とかならなければいいのですが・・

      削除