2015年2月24日火曜日

車バイクにおける、ティア2の活動

暖かい日が続きます

おととい交換したシグナスXのミラーは見やすい
ミラーの位置が高くなった
つまり目線の高さに近くなった

いろいろ試すと面白いね
プチ改造

ヤマハがYZF-R3なんて出すんだね
先般出たYZF-R25(250cc)の、320cc版
(ヤマハのページから写真拝借)
へぇ、いいね、YZF-R25のボアアップ版
車検はあるけど余裕の走りができそう

まるで私が若い頃(1980年代)の
RZ250とRZ350のコンビみたい
RZも後期型はカラーリングもほぼ一緒で
250も350も見分けが付かなかった

ちなみに車検の無い250ccと車検のあるバイクは
ナンバーの色が違うから分かるよ

車検の無いYZF-R25のナンバーは
緑色の縁が無いけど
よく見たらレンタカーの「わ」ナンバーだね笑

車検のあるMT-07のナンバーは
緑色の縁があります
よってYZF-R25とYZF-R3も
ナンバーの色で見分けが付きそうだね

さてブログでYZF-R25など、試乗記を書くと
すごく人気のあることが分かりましたが

おかげ様で私のブログも
連載5年半で100万ページビューが目前となりました
このようにWebが革命的なところは
誰でも全国に情報が発信できるようになったことですね

もし昔のように出版で情報を発信しようと思ったら
見ず知らずの人が100万部を出荷するのは至難の業でしょう

本物のティア1のプロの方の情報に加えて
(いわゆるジャーナリストさんの記事)
私らみたいなティア2の素人の情報が
車バイクの世界を少しは広げているのでしょう

またWebは希少車の取引などもヤフオクを通して
活発に行われています

その数、ヤフオクのバイク車体だけで常時約1万3千台
バイクのパーツは160万件!
車の車体やパーツの件数はもっとすごそうです

すみません昔の人間なので
ヤフオクの売買はやったことがありませんが
個人売買自体は昔からあった
車バイク雑誌の個人売買欄を通して、ね

私もお金の無い若い頃(1980年代~)は
大いに個人売買を活用させて頂きました

RZ250改350の車体自体も
店を通さず個人の方から買ったし

その後追加で買った実動車の
赤のYSPカラーのRZ350も

もう1台史上最強のRZ、
RZ350Rを買った時も
(相当RZ好きだったんだね笑)
これらのRZを全部売った時も

ついでにミニ売った時も
全部個人売買でした

これが見てると今はヤフオクで全国的に瞬時に
取引が幾重にも行われてるので、
通常のティア1の正規の車バイク店以外に
ティア2のヤフオク等の車バイクの取引が
若者などの車バイクの普及に大きく貢献してますね

まあ今Webの情報は爆発的に増えて
(増える一方)
Webの情報自体が高度経済成長期の真っ只中に
あると思いますが

この250ccのバイクの販売台数推移の感覚で言うと
昭和55年、1980年頃の上り調子のところに
Webの情報はあるかな?笑
いずれWebの情報も飽和点が来て
衰退する時が来るのかもしれません

その時はどうなるか分かりませんが
とりあえずは今、車バイクの有益な情報を
発信するのみです
(有益なのかお前の情報?笑)