2015年2月20日金曜日

1000人のうちわずか1~2名・・この数字を悲観的に見るか、好機と見るか

2.6万kmを超え、現在3万kmを目指しているシグナスX
今ちょっと左のステアリングカウルを
ガムテープで留めてるよ笑(割れちゃった)

付け替えるべくもう一度
ワイズギアのナックルバイザーを注文しておきました
今はすごいね・・ネットでレアな製品でも何でも
すぐポチッて買えちゃう

さて私は中学生の頃から30余年
長らくバイクを見てきましたが笑

1979年、私が13歳の頃作られたメッキゴリラ
先日この状態でバイクのプロnekochi5さんにお渡ししました

nekochi5さんがレアなバイク代表として
よくエリミネーター400というアメリカンバイクを
出品していて思い出しましたが

私は中学~高校の頃この
「和製アメリカンバイク」が大好きでした

当時から変なバイクが好物の私は笑
アメリカンとしてはご法度な
「直列4気筒アメリカン」が好きでした

カワサキZ400LTDⅡ
とにかく大きなエンジンに憧れていた私は
この直4エンジンにシビれました
今にして思うとZ400FX用のエンジンだったんだね
性能もピカイチ
今見てもかっこいいなあ、LTD

ヤマハXJ400Special
マイナー過ぎて誰も覚えてないと思うけど笑
当時XJ400シリーズで、アメリカンバイクがあったのです
これは個人的にかっこよかったなあ
このティアドロップタンクと段付きシートが最高でした

あとこの縦置きのV型2気筒のバイクが
中学生の頃大好きだったなあ
ホンダGL400

横にすげえ張り出してるんだよ、エンジンが
でかくてかっこよかったなあ 

これのアメリカンがあって、最高だった
ホンダGL400 Custom

これらのバイクは一般的には不人気車で
後継車は現れませんでした
最近はこれらのバイクはまず見なくなりました・・
Forever

そして、最終期に現れたジオング的存在が
カワサキ・エリミネーター400でした
GPZ400Rの直4エンジンを積み
今にして思うとまさにラスト・サムライでした

とまあ、色々なバイク趣味がありますが
そもそもバイクってどの位日本人に普及してるのか
都道府県別に調べてみました
(出たよ・・)
そしたら都道府県別以前に
ピンク色の折れ線グラフの方になるけど
例えば250ccより大きなバイクの新車販売台数は
全国で毎年7万台位しか売れてないわけだから
日本の15~64歳の生産年齢人口(バイクに乗れる成人)は
約7~8千万人いるわけだから
比率で言うとなんと1000人に1台位しか毎年売れてない!

そこに126~250ccの新車販売台数5万5千台を合わせても
両方で毎年12万5千台で
それでも1000人に1.6台位しか売れてない・・
この数、ものすごく少なくない?

中学や高校の体育館での朝礼が約千人位だったでしょう
あの中で1~2人、1~2台しか売れてないんだよ!

普通のバイクでこの値なんだから
更にレアなジャンルのバイクだったら・・
何万人に1人?笑

ということで 1000人に対して1~2台の販売ポテンシャルしかないバイク
この数字を悲観的に見るか?
それとも楽観的に見るか

というのは1000人に対して1~2台しか売れてないのだったら
ちょっと頑張って1000人のうち3~4台売れるようにしたら
日本のバイクの売上台数は2倍になる!
一気に年25万台とか?
なんか1000人のうち3~4人にする位なら簡単だと思わない?
ちょっと抱き込めばいいわけだし
(何をどう抱き込むんだよ笑)

今後二輪のバイク販売台数はどうなっていくんでしょうね

そんな中、Ninja H2の新車を予約した私は
1000人のうちの1人なのかもしれません笑

0 件のコメント:

コメントを投稿