2014年3月31日月曜日

名ブランドは永遠に残る

日曜日は調整日で神奈川スケートレッスンは休講
代わりに夜に銀河アリーナスケートに行きました
土日行くと、土日とも同じ常連さんに会う笑
(お互い様~)
フィギュアは、上達が分かりやすいから面白いね
「あ、この技できるようになった」ってね
全部できるようになるときっと
世界フィギュア選手権に出れるんだと思う笑

スケートの前に座間2りんかん寄って
今使ってるオークレーのライディングブーツがだめになったので
シンプソンの新しいの買いました
これを原付のシグナスXに使用します(ええっ)

実はシンプソン好き
それは以前NAPSのツーリングフォトコンテストで
シンプソンが私の写真に賞くれたから!

この写真だった、雲海V-MAX(2003/5/29)
以後シンプソンのワークシャツ買ったり
シンプソンのブーツ買ったり
もう一生シンプソンです笑

座間2りんかんはバイク屋も入ってて、見て楽しめます
お、新型V-MAXの中古が売れてる
 ワルキューレ・ルーンの中古で200万円オーバー
これって確かゴールドウイングの水平対向6気筒
1800cc積んだすごいやつだよね、レアだ
なんかすごいバイクいっぱいあるよ
300km/h出るZX-14Rも置いてあるし
スーパースポーツバイクもこの通り
だめだだめだ、ほしくなっちゃう笑

さて金曜日のカラオケでは
私が一番点数よかったのは、今風の歌じゃなくて
Mr.尾崎紀世彦の「また逢う日まで」だったのですが
(やっぱり歳相応の歌うたえ?笑)
点数はさておき、名曲というのはやっぱり
永遠に残って、歌い継がれるよね

バイクもそうだと思った

私はバイクが好きになった中学生の頃、1980年頃から
ずっとバイクの情報は押さえてきましたが
MVアグスタというメーカは、ほぼ消えてなくなっていた
どうやら日本のバイクが世界GPを席巻する前は
MVアグスタがGP優勝の常連だった、というのは
なんとなく片言の記事で知っていた

それが今、MVアグスタというブランドは見事に復活してるよね
もしかすると昔とつながりはないかもしれない
新しいバイクメーカを興す時、ブランドを借りただけかもしれない
一から新しいブランドを興すとなると、認知されるのは至難の業だ
「どこの馬の骨?」と言われたり、ね
それが往年の名ブランドを使えば、ハナから一目置かれる
昔世界GPを戦ったおかげで、名ブランドは語り継がれ、残るんだ

今ではMVアグスタは日本車の最高出力命とは一線を置いた
デザインで勝負していて、そのデザイン力は凄まじい
 「Motorcycle Art」と名乗るだけのことはある
 日本人はデザインもうるさいからね、見事に心を捉えた

同様に、トライアンフも、私がバイクに乗り始める頃は
メーカとして途絶えていたんじゃないかと思う
ただなんとなく昔のバーチカルツインのトライアンフが
当時の主流だったというのは風の便りで聞いていた

例えば、映画「大脱走」の名シーンは、トライアンフのバイクだ
http://www.youtube.com/watch?v=Wih_Kj0zEZU

そのトライアンフのブランドも復活した
日本でこれだけのブースを出すまでになった
 アメリカンから、スーパーアートスポーツ
 かっこいいツアラーモデルまで、頑張って作ってる
昔頑張っていいもの作ってたから
こうやってブランドが永遠に受け継がれていくんだね

これは昔モンテカルロラリーで頑張った
ミニのクーパーモデルもそうだし
ブランドがBMWに引き継がれ、新生ミニは
今はWRCにダカールラリーに大暴れしてます

フィアット500も、昔はアバルトモデルでレースに頑張った
そのブランドも復活し、いままたアバルトモデルで注目を浴びてる

それはそうと、昨日のモーターサイクルショーの
マイ・ベストドレッサー賞

BMW R nine T編
このまたがってる方、私より年上位の方でしたが
き、決まってるよね
新型R nine Tの雰囲気にピッタリだ

そしてこのハーレー改にまたがってる方
いや、なんかあまりにもバイクと合ってるので
つい撮ってしまいました
やっぱバイクに乗ってる方って、気持ちが若いよね

最後に、何だっけこのバイクNMB48じゃなくて・・NM4だ
この少年ののけぞりスタイルがドハマり笑
いや、なんかそうやって乗るとシブいことが分かった
ありがとう少年

0 件のコメント:

コメントを投稿