2013年5月15日水曜日

長年不人気の125ccスポーツが実は楽しめる

フィギュアスケートは
家で毎晩スピントレーナー使って回る練習してますが
最近シェーッ!の格好のままスピンできるようになった笑

さてバイクと若者ですが
最近手軽な250ccバイクが若者の間で流行ってますが
まだ敷居が高い

なぜなら16歳で250ccのバイクの任意保険入ろうと思ったら
これが私位の歳になると年間1万6千円位なのだけどね

そこで登場するのが「原付」だ
原付は親が自動車の任意保険に入っていたら
それにファミリーバイク特約を数千円とか1万円ちょっと位で
追加するだけで、満額の補償が受けられる

125ccでの遠距離ツーリングの時に
高速道路に乗れないのが難点だが
まあ下道をのんびり行くのも通でしょう

まあシグナスXのような通勤バイクもいいけど↓
もし125ccをメインバイクとして考えるなら
ツーリングが似合うスポーツバイク系をお勧めします

ちなみにスポーツバイクやレーサーの世界になると

これはあの世界一と評された800万円のR35GTRや
1千万円以上するポルシェ911よりもすごい数値なのです
(だいたいR35GTRは1分1~2秒位
わずかジョア位の125ccで・・

まあ2ストの時代の話にはなりますが
これがその迫力ある映像かな↓
これがそのかっこいい画像かな↓

125ccのスポーツ系でオススメのバイクは、下記です

ブランドもしっかりしてるし、日本で乗るにはかっこいい

スタイリングがかっこいいヤマハのバイク
街中でほとんど見かけないからね、目立ちます
残念ながらプレストコーポレーションの並行輸入しかありませんが
まあ、メンテも何とかなるでしょう

ちょっと小柄なオフロードバイクで
林道の探検とかで威力を発揮すると思う
250ccだと大き過ぎて酷道では
コントロールできないからね

・往年の2ストモデル
メインバイクとしてどっぷりハマるなら
懐かしのヤマハTZR125とか
最強のアプリリアRS125とかの程度の良い中古を買って
本気で楽しむといい
たぶん前述の手軽な250ccバイクより
こっちの方が全然速いと思います
正直低速の扱いづらさとかあるから
ちょっとクロウト向けにはなりますが


0 件のコメント:

コメントを投稿