2012年4月13日金曜日

ZN6、またの名を86

木曜はちょっと有休を頂いて休息
しばらく静養したところでジムニーエンジンOIL交換に
イエローハットの湘南台へ
リフトで上げたことをいいことに写真撮らせてもらった
縦ミッション
そうジムニーは86のように通常はFRなのです笑

私がニマニマ写真撮ってたら整備の方が
「車高何cm上げてるんですか?」と言うので
「2インチ、5cm位ですよ」
「この位がちょうどいいですよね~、よく走りに行ってるんですか?」と言うので
「いやそんなに笑 雰囲気で乗ってるかな」と正直に言っといた笑
ま、丘サーファーみたいなもんかねえ

あら、私に86のお問い合わせが来ました笑
ええ私が若い頃は私も周りのみんなもFR命ばっかりでしたよ
スカイラインR32GTR、GTS-t、RX-7、初代86、私は180SX笑
(正確に言うとGTRはFRベースの4WD)
いま新型86を見て思ったことを正直に言うと

・高い
いい車なんだけど、実質250万円クラスになっちゃった
固定費の高い最近の若者に買えるだろうか?
(固定費・・プロバイダ費用、携帯スマホ使用料)

いや私が買った生涯一高かった車が180SXの新車だったんだけどね
これがまさしくトップグレードのタイプⅢで250万円クラスだったんだよ
けっこうね、きつかったよローン笑

私らの世代で86というと「テンロク」クラスの「ボーイズレーサー」を連想する
もう少しコンパクトにして百万円台に抑えたかった

・話題先行型になっている感はある
今まで2ドア出してもほとんど売れてなかったのに
86で急に売れるかどうかは未知数
ちなみに過去の2ドアスポーツカーの販売台数推移は、これだ↓
こうやって見ると、意外とハイブリッドスポーツカーのCR-Zが
初動健闘しているのが分かる(まだ1年しか出てないけど)
まあ往年のシルビアやプレリュードは別格として
常に年1万台から2万台の間に入れば成功と言えるでしょう

・さすがトヨタ、金をかける時はかける
AREA86という専門店みたいな窓口まで作っちゃうからね
正直恐れ入る
マツダのRX-8の時は、コンセプトは似たようなものだったが
(絶対出力ではなくNAの気持ちよさ、FR)
ここまでの販売アピール、サポートはなかったと思う
もし86の人気が出たらそれは車両の魅力というよりも
もしかすると販売戦略の賜物かもしれない

個人的には車の価格も、出力も、車両重量も、FRという点でも
1994~97年頃乗っていた180SXにクリソツで
とても懐かしさを覚える
あれは~いい車だった・・売った後も夢に見るくらい
「あ、実は売るのやめて戻ってきたんだ!」という夢を何度か見た
そんな車は今まで180SXのみだ

男は若い頃は危険なものに憧れる
(女もかな、危険な男に魅かれたり)
そんなもの公道に必要か?という位の馬力を出した友人のGTR改
後輩のFC3S改(Knight Sportsフルチューン)
300km/hに到達するZX-12R、etc.
それで雰囲気を楽しむ
そういうアイテムがないと、結局他の危険で魅惑的なアイテムに行くとか
(脱法香りとかなんとか)そんな気がしないでもない

ほのぼのとした性格の丸い車もいいけど
少し86にビビッと来る若者が出てくると、正直おじさんは嬉しい

0 件のコメント:

コメントを投稿