2012年4月6日金曜日

バイクの集合は4-2-1、バイクの導入は4-3-2ステップアップ

先週ハーレー試乗したせいで
街中でハーレー見かけるとしげしげ見るようになってしまった

会社のハーレー乗りの方によると
5月にもっと大きなハーレーのイベントがあるらしい

私のホームページはBlueSkyFuji・・似てるな笑
すんげー数のハーレーが集まるらしい
私もこれ借りて行ってこようかな?(えせハーレーライダー)
この位速くないと、ちょっとZX-12Rとのギャップが笑

さて、新たな趣味に入るのが難しいことはおととい書きました
例えばギターやってみようかとなった場合はギター買えば済むけど
スマートフォンで楽しもうとなった場合は買って契約すれば即OKだが
バイクの趣味はバイク買ってきたからってすぐ乗れるわけではない
そう、「免許」というそれは大きな大きなハードルがあるのだ

バイクの大型免許まで取るとなると、取得費用20万円近くなるのかなー
乗る前に金も時間も相当かかる
これが新たなバイク趣味の最大の参入障壁になっているかもしれない
「ちょっと乗ろうかな」と思っても、その芽を摘んでしまってるかもしれない
iPhoneとiPad買った方がいいかあ、と笑
どうしたらハードルを少しでも低くできるだろう?

先日車バイク趣味の経済特区みたいな話を書いたが
この論理で「免許がなくてもバイクに乗れるエリア」を作る
なるべく気軽に
もちろん監視員、指導員付きで
費用は極力安くするために、日本に余っている中古バイクを活用してもいい
最近のガソリンスタンドの1日2500円のレンタカーがその戦法だ
(10年落ちの査定0のマーチなどを集めて使っている)

エンジンガードを付けて、倒してもなるべく怪我しないように
ちょっと位壊しても気兼ねなく乗れるように
もちろんちゃんと契約(誓約)も結んで、責任は自分で持ってもらって

そうやって先に「お試し」するのが、今のIT文化でしょう?
IT風に言うと、「ヲタ飯」?笑

先にこれは面白いと思ってもらった方が
進んで免許を取ってくれるってもんだ
よしんば免許取るまでいかなくても、乗ってくれるだけで
少しはバイク文化が活性化するってもんだ

もう一つの策
三輪トライクを活性化させる」
そう、トライクは二輪免許はいらない、四輪の普通免許で乗れるのだ
二輪の大型免許など取らなくても、ハーレーのトライクを運転できるのだ
(摩訶不思議)
これでハーレーに乗ってもらうのでも構わない
二輪のハーレーにステップアップするためのバイク操作の練習目的でもいい
左手にクラッチ、左足にシフトペダル・・etc.

ただハーレーベースのトライクだと300~500万円クラスになってしまう
並行車というのもちょっとハードルが高い
一般の方は正規ディーラーでしか買わない
ホンダ純正のトライクをリリースしてほしいところだ
価格はNC700Xベースにして目標120万円
税抜き61.9万円の格安NC700X
プラス60万円でトライク版にすれば・・

もう一つ
サイドカー付きのバイクを四輪の普通免許で乗れるようにする」
揚げ足を取るとトライクは普免でよくて、サイドカーは二輪免許必要というのが
納得いく説明ができない笑 操作体系はほとんど同じだろう
ということで道交法を改正して、サイドカー普免でOK、とすれば
それなりにバイクのオープンエアを楽しんでくれる人が乗ってくれるのでは

さらに言うとそれで二輪車ベースに親しんでもらって
本当に二輪バイクに移行する時になるべく出費を抑えられるよう
サイドカーをなるべく簡単に取り外せるような構造にし
外して二輪だけでも走れるようにする
これにはバイクの登録方法についても改正が必要だろう
(今は基本的にはサイドカー登録したら二輪でなど走れない)

以上のように導入の間口を広げる
そんな努力もビジネスとして必要なのでは
いいモノづくりをするだけではなくて、シクミづくりを、ね

また思いつきでした

0 件のコメント:

コメントを投稿