2011年3月31日木曜日

各モデルは採算とれてるのか

自動車の1つのモデルの採算ラインは
どうも調べたところによると
小型車で20万台、大型車で10万台の生産が必要
モデルチェンジの4年で割ると
小型車で年5万台、大型車で年2.5万台
ざっくりとだけどね

アイミーブの採算ラインが年3万台らしいので
あながち嘘でもないだろう

実売価格300万円の車が4年で12万台売れれば3,600億円
材料費7割として、粗利3割の約1,000億円
そこから開発費約200億円、販管費約200億円引くと
残り600億円が実際の利益(税引前)
1台あたり50万円、利益率16%・・そんな感じか
粗々で計算すると(合ってるかな・・)

そこで国内の各モデルが2009年どの位売れたか
調べてみた
採算ラインを少し甘く一律年2万台として見て
(甘くしたのは、同じモデルが海外でも多数売れてるため)
これを超えてるモデル、超えてないモデルがどの位あるか
見てみた↓ 文字見えるかな・・
うーむ、超えてないモデルも結構あるね
モデル末期はちょっと不利だけど

メーカ別に2009年の平均を取ると↓
うーむ、年2万台以上をクリアしてるのは
トヨタ、ホンダ、日産の3社のみとなるな
へぇなんとなく全容が分かった

結構モデルによってバラツキがあるんだね
人気車、不人気車

昨日のブログの続きになるが
生産調整を行って、人気車の生産台数、販売台数を限定すると
おのずと人気車を買えなかった顧客が
売れ残ってる不人気車を買うようになるかもしれない
そして不人気車も採算ラインに近付く
ある意味販売の平準化ができて
ものづくりのバランスシート的には健全になるかもね

0 件のコメント:

コメントを投稿